金山(kanayama) (444.1m) OK
コース名 429m峰 滝の沢 乙女の滝 金山の滝 手稲鉱山 金山PA スキー場
北尾根展望台 金山の滝反時計回り 旧山麓線

 ポイント 
 夏は手稲山北尾根ルートで通り過ぎるだけの山だ。ピークは3つあり、山域には乙女の滝・金山の滝・手稲鉱山もある。展望は429m峰(展望台)が一番良く、本峰(444.1m)が一番悪いが、南西尾根の岩塔の上からは手稲山が間近に見える。
 国土地理院地図 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
旧山麓線コース

 アクセス
 JR手稲駅から旧手稲山山麓線を上り、手稲山山麓線の手稲橋を潜る。ゴルフ場沿いの林道に入り、一旦、手稲山山麓線に抜ける。道路を横切り、温水プール跡の建物前から山に向かう。
 GPSトラックは山の地図帖「2017.2.22」へ
本峰444.1m
 2月22日<2017(H29)年> 往復距離 手稲駅起点10.641km スノーシューズ+ツボ足 登り2:52 下り1:25)
 手稲山北尾根登山口に近づくと、造材中で登山口は閉鎖されていた。旧道の除雪はゲートまで除雪されていた。ゲートからはスノーシューズのトレースがあり、ツボ足でも難なく登れる。
手稲山登山口 造材中 ゲート トレースが
 突然、スノーシューズのトレースが消えてしまうが、ツボ足のトレースが手稲橋まで続いていた。トレースは山麓線へと続いていたが、林道へのトレースは無かった。しかし、新雪の下に確りしたトレースがあるようで、ツボ足でも埋まらず辿ることが出来る。手稲橋を振り返り登って行くと、手稲山が見えて来る。リスの足跡も雪原に続いていた。
手稲橋 振り返る 手稲山が リスの足跡
 真っ白なベールを被った手稲山を眺めながら登って行くと、手稲山山麓線に出る。自動車に気を付けて横断し、反対側の温水プール跡の建物前に行く。温水プールは使われなくなって久しいので、煙突は半分崩れていた。温水プール跡で、スノーシューズを履き尾根へと向かう。尾根に出ると、温水プール跡から一直線に作業道跡と思われる窪みが続いていた。
手稲山が 手稲山山麓線を 温水プール跡から 作業道跡
 作業道跡に導かれ、コルに辿り着くが、北尾根にはトレースがなかった。やはり、登山口の閉鎖で登山者が居ないようだった。リフトの山頂駅に辿り着くと、ネオパラ山から手稲山が望めた。冬期アジア大会が開催されているようで、スタートの合図が聞こえていた。
           ←大
ネオパラ山                      手稲山
 ネオパラ山の上には彩雲が見られた。山頂駅跡から金山へと向かって行くが、ここにもトレースは無かった。山頂に辿り着くと、石狩湾が見えていた。山頂を一周して直ぐに、下山を開始する。リフトの山頂駅跡から手稲山を眺めて下って行く。手稲山山麓線は、スノーシューズのまま横断する。林道を下って行くと、モエレ山が見えていた。
彩雲が 石狩湾 リフト越しに モエレ山が
 ゲートでスノーシューズを脱ぎ、手稲駅へと向かう。
コース名 429m峰 滝の沢 乙女の滝 金山の滝 手稲鉱山 金山PA スキー場
北尾根展望台 金山の滝反時計回り 旧山麓線

山行記録冬山1へ   次ネオパラ山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間含む)
 2017(H29)年2月22日(水)
 本峰444.1m 曇り 往復距離:手稲駅起点10.641km スノーシューズ+ツボ足 ラッセル10cm 登り2:52 下り1:25
 7:44JR手稲駅→7:50国道5号線→8:01札樽道アンダーパス→8:10ゲート→8:49手稲橋アンダーパス→9:28山麓線→
9:31温水プール跡でスノーシュズを履く9:35→10:11尾根→10:リフト山頂駅跡→10:40頂上→10:51山頂駅→10:59尾根から下る→11:12山麓線→11:27手稲橋アンダーパス→11:45ゲートスノーシューズを脱ぐ11:53→11:58札樽道アンダーパス→12:05国道5号線→12:13JR手稲駅