金山(kanayama) (446.4m、三角点:444.1m) OK
コース名 滝の沢 乙女の滝 金山の滝 手稲鉱山 金山PA スキー場 429m峰
金山の滝反時計回り 旧山麓線 北尾根展望台

 ポイント 
 夏は手稲山北尾根ルートで通り過ぎるだけの山だ。ピークは3つあり、山域には乙女の滝・金山の滝・手稲鉱山もある。展望は429m峰(展望台)が一番良く、本峰446.4m(三角点:444.1m)が一番悪いが、南西尾根の岩塔の上からは手稲山が間近に見える。
 国土地理院地図 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
スキー場コース(最短)

 アクセス
 札幌テイネスキー場を目指し手稲山山麓線を上り、聖火台スキー場の駐車場隅に停めさせて頂く。
本峰
 1月26日<2015(H27)年> 登り52分 下り19分 スキー) GPSトラックは山の地図帖へ
 駐車場の雪山に登ると、今は使われていない聖火台学習コースとその右手に聖火台第二リフトが見えていた。ゲレンデは圧雪され、リフトの下にはスキーのトレースが延びていた。ありがたく、トレースを使わせていただくが、途中から展望台の方向に進路を変えていた。15cm位積もった新雪をラッセルしながら登って行くと、手稲山も見え出す。
駐車場の雪山から ゲレンデとトレース リフト下を 手稲山
 リフトを見上げると、無賃乗車の雪さんが乗っていた。山頂駅に辿り着くと、ネオパラ山や手稲山が一望された。山頂駅を後に、尾根伝いに金山を目指す。北尾根には、スノーシューやスキーのトレースがあり、スキーのトレースが金山を目指しているかに見えたが、途中で引き返していた。
無賃乗車 ネオパラ山 手稲山 スキーのトレース
 金山へ行く物好きは居なかったと見えて、トレースは無い。小さなコブを越えて行くと、冬木立越しに石狩湾が望めた。三角点に到着するがテープも垂れていなかった。一応、林の中の山頂で記念写真を撮し、昼食には早いので引き返すことにする。
 リフトの山頂駅に引き返しても、昼食には早いので、展望台で昼食としようと向かうが、直ぐに、ラバーストレッチャ(シールと板を固定するゴム)が切れてシールが剥がれてしまう。仕方が無く、山頂駅に戻って昼食とする。以前は、ちびっ子で埋まっていた学習ゲレンデも圧雪車が踏み固めたゲレンデが静かにあるのみだった。
 久しぶりの山の雰囲気を満喫して、ゲレンデを滑り下りる。新雪は重く、思うようにターンが出来ないが何とか滑る。ゲレンデの途中で、ゴルフ場のクラブハウス越しに市街地が見えて来る。
金山へ 石狩湾を 山頂 ゲレンデから
 駐車場に戻って、聖火台を見上げてスキー場を後にする。再び、札幌オリンピックは開催されることを祈りながら。
 2月15日<2019(H31)年> 登り46分 下り29分 スキー) GPSトラックは山の地図帳へ
 駐車場の雪山に登ると、今は使われていない聖火台学習コースとその右手に聖火台第二リフトが見える。ゲレンデは圧雪されては居なかった。リフトの下には雪に埋もれたスノーシューのトレースが延びていた。5cm位積もった雪をラッセルしながら登って行くと、山頂駅に辿り着く。ゲレンデ越しに振り返るとネオパラ山が見えていた。
聖火台学習コース 第二リフト 山頂駅 ネオパラ山
 手稲山を望み、今度は尾根伝いに金山を目指す。山頂直下には、山頂直下には、アイヌのチャシを彷彿とさせる空堀を越える。三角点付近になると石狩湾新港が見える。
手稲山 金山へ 空堀? 石狩湾新港
 一応、木立の中の山頂を踏み、私だけシールを剥がし引き返す。ゲレンデに戻り、愛棒のシールを剥がし手稲峰に向かって滑ろうとすると、ボブスレーコースが真正面に見えていた。一回シュプールを描き滑るが、直ぐに、傾斜が足りず歩き出す。下の方の傾斜がある所は、スノーモビルでズタズタになっていて残念だった。それでも、リフト側をひと滑り出来て満足する。
山頂 手稲峰 ボブスレーコース 聖火台
 
コース名 滝の沢 乙女の滝 金山の滝 手稲鉱山 金山PA スキー場 429m峰
金山の滝反時計回り 旧山麓線 北尾根展望台

山行記録冬山1へ   次旧山麓線コースへ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間含む)
 2019(H31)年2月15日(金) 本峰 曇り時々晴れ スキー 登り46 下り29

 10:10駐車場→10:40山頂駅→10:56頂上→11:15山頂駅→11:25駐車場
 2015(H27)年1月26日(月) 本峰 曇り時々晴れ スキー 登り52 下り19
 10:39駐車場→11:14山頂駅→11:31頂上→11:40昼食(山頂駅)12:17→12:27駐車場