金山見晴台(420m)・金山(444.1m)周遊 

 ポイント 
 手稲山北尾根ルートの見晴台と金山を回る最短コース。

 アクセス
 手稲山山麓線を走り、オリンピアの駐車場に停めるはずだったが、満車なので仕方が無く、温水プール跡の建物のある前に停めさせていただく。
 国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帳「2018.3.18」へ 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 3月18日 <2018(H30)年 総歩行距離3.493km 一周1:25 スキー>
 疎林の中をシールを付けたスキーで登って行く。最初は、真っすぐ金山に行こうと思ったが、見晴台に寄ることにする。429m峰に向かって登って行くと、尾根に延びる夏道に出る。尾根にはスノーシューのトレースが付いていた。どうやら夏道伝いに登って来たようだ。429m峰から少し下がると見晴台が見えて来た。目の前には石狩湾が見えるが増毛の山々は霞んで見えなかった。
疎林の中を 夏道に上がる 見晴台 石狩湾
 見晴台から少し下がった方が石狩湾が良く見えた。今度は、見晴台から使われていないリフトの山頂駅を目指す。山頂駅からは青空の下に手稲山が良く見えていた。尾根道から疎林の中を辿って金山を目指す。金山の山頂の手前からは石狩湾が覗けた。山頂は林の中なので、シールを剥がして下山を開始する。
石狩湾 手稲山 疎林の中を 石狩湾を
 

山行記録冬山1へ   次金山滝の沢コースへ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間含む)北尾根ルート
 2018(H30)年3月18日(日)  晴れ スキー 一周3.493km・1:25 
 8:53温水プール跡前→9:19見晴台91:21→9:41尾根道から金山へ→9:57頂上10:08
10:14尾根へ→1031温水プール跡