豊見山(toyomiyama)(579m)野々沢山(362m)
コース すずらんGC
(使用禁止)
藤    野 野々沢山
連絡路

 ポイント
 ゴルフ場道路が使えなくなったので、札幌登山道整備隊(阿部隊長)が藤野側(豊平山藤野登山口)から新たに登山道を開削した。豊見山は、藤野三豊山(ふじのさんぽうざん)の山で、牧場の山とかゴルフ場の山とも呼ばれる。以前は、山頂からの展望は無かったが、現在は、木々が切り払われ支笏の山々や空沼から盤ノ沢山まで一望出来る。野々沢山との連絡路が出来た。
 野々沢山連絡路コース

 アクセス
 石山通り(国道230号線)の藤野3-9交差点から道なりに野々川沿いを辿り、藤野ペット霊園緑の杜を目指す。道は舗装が切れ、右側に緑の杜が見えて来る。その左に駐車場と登山口がある【豊平山(焼山)の登山口と同じ】。
 国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帖「2021.6.26」へ 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 6月26日 <2021(R3)年> 往復距離4.354km 単独 2:07
 豊平山(焼山)の登山口には、豊平山の標識の下に「野々沢山連絡路」の道標が設置されていた。豊見山の標識は無くなっていた。野々沢川へと向かうと砂防ダムの看板があり、柵の奥に赤い矢印が見える。野々沢川には鉄の橋が架かっていた。
豊平山登山口 野々沢川へ 看板 鉄の橋
 作業道跡を辿って行くと、林道の角に出る。左に行けば野々沢山の登山口に下るが、道標「野々沢山/〜豊見山」があり、右に行く。道はT字路になり、道標「←野々沢山/(分岐)/豊見山→」が設置されていた。真っ直ぐ前を見ると、地図の実線の道が藪に埋もれていた。
作業道跡 林道へ 道標 豊見山分岐
 地図に載っていない林道を辿って行くと、再びT字路になる。突き当たった林道は地図の破線で描かれているが、左側は藪に覆われていた。道標「山頂へ」に従い右に行く。地図の破線の林道を辿って行くと地図にはない小さなコブに突き当たる。突き当りには道標「山頂へ」があり右に行くと山頂に到着する。
道標右 コブの下右 山頂へ 山頂
 山頂からは余市岳、定山渓天狗岳、八剣山、烏帽子岳、砥石山、青山、藻岩山と連なって見えた。
                       ←大
余市 定天 八剣 烏帽子   砥石山 青山    藻岩山 
 余市岳、定山渓天狗岳、八剣山は一直線に見える。帰りは、コブの上に上がってみたら、平らな草地だった。地図にない林道を繋いで登って行く。
余市 定天 八剣 コブの上 林道跡を繋いで
 雨水桝、境界石や立派な林道も現れる。この辺りは、何かの開発した跡なのだろうかと思う。林道跡から離れると、段々急になって来る。何時の間にか尾根筋になり、ゴルフ場からの道を辿っていることに気が付く。木々が伐採された所に辿り着くと、主稜線に上がる。
境界石 林道 尾根の道 伐採跡
 道標「野々沢山連絡路へ」があり、少し登って行くと藤野からの登山道が合流して来る。分岐には、道標「下山」「野々沢山連絡コース」が設置されていた。振り返りと、藻岩山が見えていた。山頂に上がると、木々が切り払われていて、昨年とは大違いの絶景が広がっていた。丸太のベンチもあり、ゆっくり景色が楽しめる。
藤野登山口分岐 道標 藻岩山 山頂
 山頂からは、近くに藤野富士、遠くにイチャンコッペ山、樽前山、風不死岳、恵庭岳、空沼岳、兜岩、札幌岳、盤ノ沢山と一望で来るようになっていた。
                     ←大
藤野富士 イチャン 樽前 風不死 恵庭 空沼岳    兜岩 札幌 盤ノ沢
 丸太のベンチに座って恵庭岳や樽前岳、風不死岳を眺める。最後に、ゴルフ場を覗き込み、山頂標識を見上げて、元来た道を下る。
恵庭岳 樽前・風不死 ゴルフ場 山頂標識
コース すずらんGC
(使用禁止)
藤    野 野々沢山
連絡路

二人の山行記録もくじ2へ   次野々沢山へ   アソビホロケール山へ

 山行記録
 2020(R2)年8月13日(木)
 曇り 往復距離4.354km 2:07 単独 
 7:01駐車場所→7:06林道へ(道標あり)→7:17豊見山分岐左→7:20山頂へ右→7:21山頂へ左→7:24山頂へ右→7:29野々沢山7:32→7:46豊見山分岐→7:53境界石→8:13ゴルフ場分岐跡→8:28藤野登山口分岐→8:33アンテナ→8:35豊見山8:45→8:50藤野登山口分岐→8:56ゴルフ場分岐跡→9:09野々沢山分岐→9:16林道から登山道へ→9:21駐車場