豊見山(toyomiyama)(579m)  docomook 2016(H28).11.1登頂

 ポイント
 普通の登山道が尾根筋に延びている。要所要所に道標も設置されている。夏期にはダニが多いとの情報もあるようだ。豊見山は、藤野三豊山(ふじのさんぽうざん)の山で、牧場の山とかゴルフ場の山とも呼ばれる。

 アクセス
 国道230号線の藤野に、すずらんゴルフ場と藤野聖山園の看板が立つ交差点がある。看板に従い、オカバルシ川沿いの道を遡る。すずらんゴルフ場の門に入り、大きく右に左にジグを切って上って行くと、左手に広い駐車スペースがある。
  国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帖「2016.11.1」へ 周辺地図 
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 11月1日 <2016(H28)年> 往復距離2.150km 登り46 下り28
 道路の奥に、豊見山を眺めながら道路を横断すると、林の中に登山口の標識が見えて来る。暫し、すすき野を登って行くと、リフト山頂駅跡に辿り着く。
豊見山が 登山口 登山口の標識 リフト山頂駅跡
 振り返ると藤野富士が見えていた。尾根筋に上がる所には←の道標があり、尾根に上がると豊見山の看板もある。尾根筋には登山道が延びていた。
藤野富士 ←の道標 豊見山の看板 尾根筋
 平らな登山道を辿っていると、道の真ん中にタヌキの糞が2盛あった。覗いて見ると、ドングリを食べているようだ。登山道の傾斜が増し、方向が変わりだすと木立越しに豊栄山が見えて来る。頂上が近くなると、アンンテナ施設がある。
タヌキの糞 傾斜を増す 豊栄山 アンテナ施設
 アンテナ施設を過ぎると、山頂が見えて来る。真ん中に切株があり、展望は悪いが、豊平山、藤野富士、豊栄山が木立越しに見える。
山頂 豊平山 藤野富士 豊栄山
 山頂標識も木に括り付けられている。山頂で休むこともなく、直ぐに下山を開始すると、豊平山が少し良く見えていた。下は、まだ、紅葉が奇麗だった。雲の合間に無意根山と思われる白い山並みが望まれた。
山頂標識 豊平山 紅葉 無意根山?
 リフト山頂駅跡からは、白旗山、三角点:穴沢、藤野富士が一望された。
                     ←大
                        白旗山       三角点:穴沢                 藤野富士

二人の山行記録もくじ2へ   次豊栄山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2016(H28)年10月25日(火)
 曇り 往復距離2.150km 単独 登り46 下り23
 12:04駐車場所→12:09リフト山頂駅跡→12:50山頂12:51→13:14リフト山頂駅跡→13:18駐車場