千尺峰408m峰 =手稲山北東尾根= 2016年12月16日登頂
コース別 千尺スキー場跡 ゴルフ場横断

 ポイント
 「手稲山(タンネウェンシリ)」を構成する北東尾根は、ネオパラ山から始まり640m峰、三角点:手稲峰、454m峰、三角点:宮の澤と連なっている。その北側に千尺スキー場跡があり、その中にピークが492mと408mの2つある。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 ゴルフ場横断コース

 アクセス
 山沿いは目まぐるしく変わる天気だったが、晴れ間に誘われて出かける。自宅から歩いて旧手稲山山麓線を登って行と、ゲートまで除雪されていた。
国土地理院地図   GPSトラックは山の地図帳「2016.12.16」へ  周辺地図

 12月16日 <2016(H28)年>
 単独 ツボ足+スノーシューズ ゲート起点 登り2:03 下り55 JR手稲駅起点往復9.089km
 ゲート前で、スノーシューズを履こうかと思ったが、ツボ足のトレースが延びていた。ツボ足のトレースを感謝しながら辿る。冬特有の筋雲が通過して行くので、頭の上は晴れたり曇ったりを繰り返していた。手稲橋が見え出し、橋を潜るとトレースの主は手稲山山麓線の方へと方向を変えてしまう。
ゲート ツボ足のトレースが 手稲橋が 橋を潜る
 林道入口(旧道跡)でスノーシューズを履き、30cm位の新雪に入る。入口近くにはシカ駆除中の警告看板が立っているが、千尺峰では鹿を見たことがない。ゴルフ場へ入る所から千尺峰方向を見上げ、辿るルートの見当をつける。ゴルフ場に入ると、軽川に架かる橋がある。雪で埋もれた橋を渡って行くと、まだ軽川にはスノーブリッジは無く、凍り付いた流れが顔を出していた。ゴルフで回ったコースを思い浮かべるが、冬の景色では中々一致しない。振り返ると石狩平野が見えていた。流石に、ゴルフコースだけあって遮るものがないので展望は良い。ゴルフコースは等高線に沿って段々になっている。コースの間の段々は藪で急なので、緩やかな所を選びながら登って行く。倶楽部ハウスや金山も見えて来る。
千尺峰方向 軽川の流れ 石狩平野が 金山が
 段々になったゴルフコースを超えるたびに、真っ白な雪原に現れる木立の縞模様が奇麗だった。最後に、山頂にあがるが冬木立でも藪で、ネオパラ山が僅かに見える程度だった。時計を見ると、既に13時半だったので、千尺峰を諦めることにした。
木立の縞模様 山頂
 山頂からゴルフコースの法面に移動して、石狩湾を眺めながら、菓子パンを食べる。意外と当たる風は冷たいが、風が無くなれば快適だった。
                     ←大
石狩湾
 市街地にモエレ山を見付け、山頂を後にする。山頂からは、木立越しに海も見えるがすっきりとはしない。登って来たトレースを辿り下って行く。クラブハウスを眺めて、橋を渡って行く。林道の入口でスノーシューズを外さないで、旧道を下って行く。ゲートでスノーシューズを外し、帰路に着く。
モエレ山 海を クラブハウス
 

山行記録冬山1へ   次手稲丸山・三樽別川200m峰へ   アソビホロケール山へ

 二人の登山記録 (遊びの時間含む)
 2016(H28)年12月16日(金) 晴れたり曇ったり 単独 ツボ足+スノーシューズ 新雪30cm ゲート起点 登り2:03 下り55 JR手稲駅起点往復9.089km
 10:50JR手稲駅→11:20ゲート
12:07林道入口(スノーシューズを履く)12:1213:28山頂13:48→14:20ゲート林道入口→14:43(スノーシューズを脱ぐ)14:48→15:09JR手稲駅