ネオパラ山(838m)
コース 西野市民の森 TV山道 ゲレンデ

 ポイント
 札幌オリンピック男女回転コースのゲレンデ(手稲山第一リフト沿い)を登る。
ゲレンデコース

 アクセス
  国道5号線から手稲インター、手稲オリンピアGC、手稲オリンピア(休業中)と舗装された手稲山麓通りを車で上って行くと、終点のロープウェイ(廃業・休業中?)山麓駅に着く。駅前には、広い駐車場がある。
 国土地理院地図 周辺地図
 5月15日 <2020(R2)年 往復2.793km 単独 登り59 下り32>
 ネオパラ山目掛けて、三浦雄一郎&スノードルフィンスキースクールの小屋前に延びる作業道を真っすぐ進んで行く。サミットエクスプレスを潜り、パラダイスゲレンデから手稲山や石狩湾を眺めて作業道に入る。作業道の中で、パラダイスリフトを潜ると、少しササ被りになるが道床は確りしている。作業道を抜けるとゲレンデに飛び出て、石狩湾が一望される。石狩湾の海岸線には棘の刺さった様に風車が見える。
ネオパラ山を 手稲山を 石狩湾を 石狩湾を
 女子大回転のゲレンデは、灌木が高刈りされているので歩きにくい。石狩湾をバックに歩きやすい所を探しながら登って行く。テレビ山道のヘアピンカーブが見え出すと、山側に、山頂駅からの連絡路だったと思われる道路跡が見えて来る。左手には、女子回転スタート地点に建つリフトの中腹駅が見えて来る。
 ゲレンデの行く手が一段高くなると、灌木が刈っていないので、向かって右にトラロープを見付けて登って行く。段の上に上がると不自然に平らになる。ここから、ゲレンデを横切り手稲山第一リフト沿いに登って行く。所々に、エゾエンゴサクやミヤマスミレが咲いていた。リフトの下に作業道があるかと思って近づくが無かった。登るに連れて石狩湾、小樽港、赤岩山が見えて来る。
石狩湾を エゾエンゴサク ミヤマスミレ 赤岩山
 手稲山第一リフトの山頂駅に上がると、手稲山、星置山、奥手稲山、春香山、和宇尻山、石倉山、赤岩山、銭函天狗山、石狩湾が連なって見える。ここが、男子回転のスタート地点795mで、山一番のビューポイントになる。
                     ←大
手稲 星置 奥手稲  春香 和宇尻 石倉 赤岩 銭函天狗 石狩湾
 山頂駅から夏道に下りて、登って行くと、南林間ポールの上に来ると展望が良くなる。紋別岳、イチャンコッペ山、砥石山、風不死岳、恵庭岳、空沼岳、札幌岳、百松沢山、阿部山、烏帽子岳と連なって見える。
                     ←大
紋別 イチャン 砥石 風不死 恵庭 空沼 札幌 百松沢 阿部 烏帽子
 南林間ポールコースの上には、山頂駅と第2山頂スナックがある。ここが山頂でないので、藪の中に残雪を見付けながら藪漕ぎして山頂を目指すが、途中で藪に遮られてギブアップする。山頂を諦めて、手稲山を眺めて下山を開始する。女子大回転のコースにはまだ十分な残雪があるとは思えないが、滑り降りている人影があった。
 林の中ではフッキソウが咲いていた。ゲレンデの下には標高567mのゴール地点に建つ山麓駅が見える。ゲレンデ越しに石狩湾を眺めて、作業道の入口を探しながら下って行く。
第2山頂スナック 手稲山 フッキソウ 石狩湾を
 
コース 西野市民の森 TV山道 ゲレンデ

二人の山行記録もくじ1へ   次千尺峰・聖火台・金山見晴台周遊へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2018(H30)年7月8日(日)  曇り 往復2.793km 単独 登り59 下り32
 7:09ロープウェイ山麓駅→7:16作業道からゲレンデへ→7:57→7:57リフト山頂駅8:01→夏道へ→8:08山頂8:22→8:28山頂駅→8:46ゲレンデから作業道へ→8:54ロープウェイ山麓