三菱山(482m) =札幌盤渓市民の森= 
コース別 最 短 右回り 左回り
時期 4月13日 4月16日 4月19日 10月13日 11月5日 11月20日 11月23日 12月1日 12月10日

 ポイント
 良く整備された遊歩道が網の目状に広がっている。山頂からは三角山から藻岩山の札幌連山が一望出来る。コース内には現在地を表示する案内板が要所要所にある。頂上へは送電線近くのナンバーF付近から薮道や直登する踏み跡が付いている。G番の所から下って行くとばんけいスキー場のノルディクウォーキングコースがあり、時計回りに遠回りして登ることも出来る(2016年には立入禁止になっていた)

 アクセス
 西野から手稲左叉通りを真駒内方向へ行くと、コバワールド手前に妙福寺の看板があり右折する。しばらく行くと登山口がある。
 国土地理院地図  周辺地図  冬期閉鎖
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
最短コース
 4月16日 <2000(H12)年 登り1:00 下り49 >
順路 @-A-B-R-F-山頂-F-R-B-A-@
山頂
 早速、送電線近くのナンバーFを目指す。そこから、スキー場へ入って行くが、ここには標識がない。スキー場の管理道路を左回りで登って行くと石の階段があり、それを登ると頂上にでる。
 山頂標識はない。目の前は札幌連山、後ろは砥石山、左には手稲山、百松沢山が見える。
           ←大
               三角 大倉  奥三角山          西校の山
 10月13日  <2016(H28) 往復距離4.084km 登り:52 下り:35>  GPSトラックは山の地図帳「2016.10.13」へ
順路 @-A-B-R-F-G-スキー場-山頂-送電線下-F→R-B-A-@
 ゲートの閉まった入口から中に入ると、大きな案内板がある。その傍に、チラシの箱があるが、中は空っぽだった。途中に、中を開けるのもためらうような仮設トイレが2つある。今日は、最短距離で登ろうと、市民の森案内板@からAを目指す。@とAの間は結構距離があり、途中にベンチもある。AからB、R、Fと登って行くと、尾根が近くなり暗かった森も明るくなる。森から出ると、送電線越しに砥石山が見えて来る。
入口 ベンチ 尾根が近く 砥石山
 G番から行き止まりへと進んで行くと、スキー場の中の作業道になる。下って行くと分岐になり、右折すると登りになる。以前あったシールウォーキングの道標は無くなっていた。道端には柱状節理の露頭がある。頭の上にはバタバタと音を立ててヘリコプタが飛んでいた。
G番 スキー場へ 柱状節理 ヘリコプタ
 作業道は三菱山の北側を回り込むので、札幌連山や藻岩山が望める。リフトの山頂駅からは、180°方向を変えて登って行く。再び、北側になるころ直登コースの階段があり、その延長線上に頂上への階段が付いている。天然の石段だが、良くできている。
札幌連山 藻岩山 直登コース 頂上への階段
 山頂に上がると、三角山から藻岩山まで一望できる。
                     ←大
                    三角 大倉 奥三角(よこして)   西高の山            藻岩山
 少し角度を変えると小林峠方向やコバワールドも望める。
                     ←大
            藻岩山      小林峠  コバワールド
 眼下には錆びたリフトの山頂駅が見え、ここからも石段が付いていた。市街地を眺めJRタワーやツドーム等のビル座同定を楽しむ。
錆びたリフト JRタワー ツドーム 市街地
 山頂標識は新旧二つあった。山頂から石段を下ると、奇麗に紅葉した木が目に付いた。ヤマハハコもまだ咲いていた。オニヤガラは土色に変わり実を付けていた。
山頂標識 紅葉 ヤマハハコ オニヤガラの実
 帰りは、リフトの山頂駅から刈り払われた送電線下を辿って遊歩道に出る。Fに戻り、登って来た道を、オオカメノキの実、コガネギク、エゾアジサイ等を見ながら下って行く。
送電線下 オオカメノキの実 コガネギク エゾアジサイ
 11月20日 <1999(H11)年 登り35 下り29 >
順路 @-A-B-R-F-山頂-F-R-B-A-@
山頂
 盤渓の道路で、交通事故が2件もあった。日陰で路面が凍結していてスリップしたようだった。登山口には2台停っていた。今日は、最短で登ることにしてA、B、Rと辿って行く。山頂直下のリフトは試運転をやっていた。ここから上は5cm位の雪が積もっていた。頂上への一段で一人昼食を食べていた。石段を登り、頂上の雪を踏み堅めシートを敷く。
 天気が良かったので、三角山、奥三角山、藻岩山の山々と市街地を見ながら昼食とする。山頂からは砥石山、神威岳、烏帽子岳、手稲山などが見えていた。
           ←大
                   三角 大倉  奥三角山          西校の山
 12月10日 <2000(H12)年 >                   北の山游詩:新雪の足跡
順路 @-A-B-R-F-山頂-F-R-B-A-@
山頂 神威岳と烏帽子岳
 今年の夏山納ということで登る。
                     ←大
三角 大倉 奥三角山          西校の山                            藻岩山 小林峠
コース別 最 短 右回り 左回り
時期 4月13日 4月16日 4月19日 10月13日 11月5日 11月20日 11月23日 12月1日 12月10日

二人の山行記録もくじ2へ  次三菱山右回りへ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2014(H26)年10月13日(木) 晴れ 往復距離4.084km 登り:52 下り:35
 9:38入口A→9:42@→9:55A→9:57B→10:04R→10:08F→10:11G→スキー場コースへ→10:13分岐→10:22分岐→10:13頂上10:19→10:43分岐→10:44送電線下→10:48遊歩道へ→10:50F→10:53R→10:56B→10:58A→11:08@→11:17入口A
 2000(H12)年12月10日(日) 晴れ 登り 不明
 入口A→@-A-B-R-F-山頂-F-R-B-A-@→入口A
 2000(H12)年4月16日(日) 曇り時々晴れ 登り:1時間 下り:49分
 入口A→@-A-B-R-F-山頂-F-R-B-A-@→入口A
 1999(H11)年11月20日(日) 曇り 晴れ 登り:35分 下り:29分
 入口A→@-A-B-R-F-山頂-F-R-B-A-@→入口A