手稲丸山(141m)
時期 春季 秋季 初冬
4/2 4/4 5/1 11/3 11/17 12/8 12/11 12/14

 ポイント
 手稲市街地に近い誰も目に留めないような小さな山だが、思わぬ光景が広がっている。頂上付近は木立が大きくなって来ていて、展望が悪くなっている。鹿のヌタ場になっていて薮は薄くなっているようだ。山頂には図根点があり、山頂標識もある。

 アクセス
 国道5号線沿いの札幌トヨタとローソンのある交叉点から山側の富丘通を上って行き、札樽自動車道のアンダーパスををくぐるとすぐ右にフェンスが見える。そのフェンス沿いにあるバリケードの隙間から、植林地(以前はミニスキー場)を登る。
国土地理院地図  周辺地図
富丘秋季コース
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 11月3日 <2015(H27) 総歩行距離0.907km 登り25分 下り17分 >
 植林地の真中に排水溝があり、その左側を辿りフェンスのあるコブに向かう。道は鹿道で良く踏まれていたが蔓が煩い。コブに上がると、手稲の街並みが見えていた。特に、消防署の望楼が目立っていた。
                   ←大
手稲の街並み
 尾根に取り付くと、紅葉の名残があった。道は不鮮明だが背丈の低い笹が続くので、登りやすい所を気ままに登って行くと、道路公団の境界石を見付ける。山頂直下には、大きな岩が数個あり座って休むのも良いかと思う。
紅葉 背丈の低い笹 道路公団の境界石
 山頂を過ぎて奥に行くと、図根点と山頂標識がある。もう少し奥に行くと、海や消防署の望楼が見える。帰りは、紅葉残りを探しながら下る。
図根点 消防署の望楼 紅葉
 尾根を下って行くと木立越しにJRタワーが見える。フェンスのコブに向かって下りると、窪地があり暖かい所なのか紅葉が一段と奇麗に見える。植林地に下って丸山を振り返り帰る。
JRタワー 紅葉 紅葉 丸山を
 帰りに富丘西公園に立ち寄る。スズラン群生地を抜けカラマツ疎林広場を通り、入口に到着する。今度は、スズランを見に来ようと思う。
スズラン群生地 カラマツ広場 H27年のお知らせ 案内図
 
 11月17日 <2017(H29) 登り東尾根18分 下り南尾根29分 >
 入口の車止めに自転車を繋ぎ、中に入ると丸山が見える。今日は、東尾根から登ろうと札樽道沿いに延びる排水溝を辿って行く。消防署の望楼を横目で見て、東尾根に取り付く。尾根には道は無いが藪の薄そうな所を登って行く。藪が煩い所は剪定ばさみで切りながら登って行く。
入口 丸山を見上げる 消防署の望楼 尾根道を
 最後に、山頂の手前の崖に出る。主稜線を少し辿ると山頂に上がる。山頂の図根点を確認して冬木立越しに石狩湾を眺める。
崖が 山頂 図根点 石狩湾
 帰りは南尾根を下ると、2つの岩があり札樽道の延長線に藻岩山が見える。途中に、シカのヌタ場があった。フェンスのあるコブの間から下って行くと、札樽道と藻岩山、JRタワーがすっきり見える。
札樽道と藻岩山 シカのヌタ場 札樽道と藻岩山 JRタワー
 

二人の山行記録もくじ1へ     次手稲丸山初冬へ     アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間を含む)
 2017年11月17日(金) 晴れ  登り東尾根18分 下り南尾根29分
 10:21入口→10:39山頂10:44→11:13入口

 2015年11月3日(日) 晴れ霞み  登り25分 下り17分
 10:20駐車場所→10:45山頂10:51→11:08駐車場所