手稲山(1023.12m)    斑                
コース別 平和の滝 平和-
ゲレンデ
ロープウェイ山麓駅 山麓線 北尾根 金山
(滝ノ沢)
TV-TV TV-ゲレンデ ゲレンデ
ゲレンデ-TV 純登山

 ポイント
 登山、ハイキング、散策など多様な楽しみ方ができる。滝もガレ場もあり、展望の良いケルンからは近くの山々から遠くの山々まで見渡せる。頂上にはなぜかハマナスが咲いている。
 国土地理院地図  周辺地図
ロープウエィ山麓駅コース

 アクセス
 手稲オリンピアを目指して舗装道路を車で上ると、ロープウェイ山麓駅(休業中)に着く。この駐車場付近に車を置く。山に向かって右に行けばゲートのあるテレビ山道、左はゲレンデの中を登る。TV山道とゲレンデの間に、短いが登山道がある。
登り:ゲレンデ 下り:テレビ山道
時期 6/4 7/30
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 6月4日 <2020(R2)年 総歩行距離6.803km 登り1:26 下り1:04>
 ロープウェイ山麓駅まえの駐車場から山頂を見上げて出発する。今日は、女子大回転コースを登り、TV山道を下ることにする。パラダイスピステを登って行くと、女子大回転コースとゴールハウスが見えて来る。振り返ると、石狩平野の向こうに樺戸山塊が見えていた。TV山道を横切り、女子大回転コースを登って行くと、シラネアオイの群落があった。
山頂を パラダイス 石狩湾 シラネアオイ
 刈りこまれたピステの中にムラサキヤシオツツジが咲いていた。女子大回転を見上げながら登って行くき、休憩しながら振り返ると石狩湾が見えていた。海岸線には風車が目立つようになっていた。世界一と言われたエゾアカヤマアリのスーパーコロニーはどうなったのだろうと思いながら登って行く。急登から解放され、一息つきながら登って行くと咲きたてのサンカヨウが咲いていた。
ムラサキヤシオツツジ 女子大回転 石狩湾 サンカヨウ
 TV山道に出る前に、ホットカフェ1023とアンテナ群が見えて来る。TV山道を辿りながら、クラーク苔(叫ぶ石に掲載)の付いていそうな老木を探す。ロープウェイ山頂駅の手前に差し掛かると、右側に老木を発見するが、それらしい地衣類は見つけられなかった。そもそも山頂には老木はほとんど無いのではと思われる。ベニバナイチヤクソウが咲くNHK前も、奇麗に整地されてしまったようだ。北大雲観測所跡(日本気象協会:気象談話室)も門柱だけが残されている。手稲神社奥の院の石灯篭を通り山頂に上がる。
アンテナ群 北大雲観測所跡 石灯篭 山頂
 山頂からは、支笏の山々、烏帽子岳、定山渓天狗岳の奥に羊蹄山、余市岳と朝里岳が見回せた。
支笏の山々 烏帽子岳 定天・羊蹄山 余市・朝里岳
 山頂のガレ場にはミヤマオダマキが咲いていた。海側には木立が無くなったので、小樽から石狩湾が一望できる。思うに、自然エネルギーを得る風車も、自然や景観を損なわないと成り立たないと思うと複雑だ。そんな気持ちで、ぼーっとゆっくり回る風車を眺める。帰りは、ケルンに寄ろうと自然歩道の入口から入る。
ミヤマオダマキ 小樽 石狩湾 歩道入口
 歩道には、シラネアオイやムラサキヤシオツツジが咲いていた。ケルンは相変わらずの佇まいだった。ケルンから、支笏の山々、定山渓の山々を眺める。少し自然歩道を平和の滝方向へ下ると、札幌市街や三角山、藻岩山等の市内の山々が見渡せた。
シラネアオイ ケルン 烏帽子岳 札幌連山
 TV山道に出ると、シティビュークルーズのピステが公園の様に見え、その奥に札幌連山が見えていた。2017(H29)年5月に遭難した伊野昌司(88)さんは古の登山道を辿ろうと、このピステを下って永峰沢川伝いに下りたのだろうか。ここからはTV山道を下って行く。ヘアピンカーブから男女回転コース越しに、石狩湾を眺める。スキー場にしばらく来たことが無いので、手稲山第一リフトの途中にある山腹駅は何に使っているのだろうと疑問に思う。TV山道脇には、ムラサキヤシオツツジやオオカメノキが咲いていた。女子大回転コースのピステを横切り、ゲートを交わして終わる。
シティビュークルーズ 回転コース オオカメノキ ゲート
 
登り:ゲレンデ 下り:テレビ山道・登山道
 7月30日 <2018(H30)年 往復距離5.799km 登り1:11 下り54> 
 駐車場に着くと、もう数台が並んでいた。早速、準備をしてゲレンデに延びる作業道を登って行く。ゲレンデからは山頂が平らに見える。途中、女子大回転ゴールハウスが見えて来る。
駐車場 作業道を 山頂を ゴールハウス
 登って行くと、石狩湾が見え出す。途中、草刈りをしている男性に出会う。何かのイベントの準備かと思ったら、ボランティアで草刈りをして登りやすくしているとのことだった。その努力に感謝をしながら先を急ぐ。TV山道を横断し、再び、ゲレンデを登って行く。ゲレンデにはヤナギランが咲いていた。登るに連れて、石狩湾が良く見えて来る。
石狩湾を ゲレンデを ヤナギラン 石狩湾を
 急登を登って行くと、ネオパラ山が真正面に、その左に石狩湾、右に札幌の市街地が見えて来る。日差しで焼けたゲレンデを登って行くので、暑さに負けそうになる。
                     ←大
石狩湾    ネオパラ山           市街地
 頭の上には旅客機が丘珠空港を目指して飛んでいるようだった。急登を登り切ると、傾斜が緩み山頂のパラボラアンテナ群が見えている。再び、TV山道へ出て山頂を目指す。
旅客機 ゲレンデを TV山道に 山頂
 山頂の木立を刈り払ったので、小樽から増毛まで、円弧を描く石狩湾が一望できる。
                     ←大
小樽          石狩湾          石狩
 山頂の奥からは百松沢山、烏帽子岳、無意根山、定山渓天狗山、迷沢山、白井岳、余市岳、朝里岳と連なっている。
                     ←大
 百松沢 烏帽子岳   無意根 定天 迷沢 白井 余市 朝里岳 
 何時もと変わらないが、三角点や奥の院を眺めケルンに下る。途中、HBCの門が開放されていたので、中に鎮座している記念碑を眺める。NHKの所でベニバナイチヤクソウを探すが、すっかり芝が張られていて何も無くなっていた。その下の法面に、ベニバナイチヤクソウが辛うじて咲いていた。
三角点 奥の院 HBC記念碑 ベニバナイチヤクソウ
 ケルンに行くために、平和から登って来る遊歩道に入る。ケルンを一回りして、景色の良く見える石の上に座る。麦芽風味の炭酸飲料を飲みながら憩う。
登山道入口 ケルン
 ケルンからは山頂と少し違った風景が広がっている。百松沢山、烏帽子岳、無意根山、定山渓天狗山、迷沢山、白井岳、朝里岳と連なっている。手稲山の西峰も間近に望まれる。
                     ←大
百松沢 烏帽子   無意根 定天 迷沢 白井 余市 朝里 西峰 
 麦芽風味の炭酸飲料を飲み終えて、平和方向に遊歩道を少し下って見ると、札幌市街地や藻岩山、砥石山、阿部山、百松沢、烏帽子岳と連なって見える。
                     ←大
札幌市街地 藻岩山    砥山石 阿部山  百松沢山 烏帽子岳
 下りは、フェンスの所からパノラマ1号リフトの山頂駅に出て、TV山道を下って行ことすると、ゲレンデ越しに藻岩山が見えていた。TV山道を下って行くと、パノラマ一号リフトの延びるゲレンデに繋がる道が分岐していた。途中で、パノラマ2号リフト沿いに延びる登山道の入口一つ目をやり過ごして二つ目の入口から入る。
藻岩山 分岐 一つ目の登山道入口
 登山道から登って来たゲレンデを横に見て下って行くとエゾアジサイが咲いていた。上から、一つ目の登山道から下ってくる道と合流する。登山道はゲレンデの端に延びるようになり、小樽も望めるようになる。
ゲレンデを エゾアジサイ 登山道 小樽
 再び、林の中に入るとノリウツギが咲いていた。TV山道に出て、駐車場を目指すが、途中でロープウェイの下に延びる道を下って見る。緑の中に真っ赤に染まった葉が際立っていた。山麓駅に近づくと、五輪マークの付いたゴンドラがスタンバイしていた。
ノリウツギ 赤い葉 山麓駅 ゴンドラ
コース別 平和の滝 平和-
ゲレンデ
ロープウェイ山麓駅 山麓線 北尾根 金山
(滝ノ沢)
TV-TV TV-ゲレンデ ゲレンデ
ゲレンデ-TV 純登山

二人の山行記録もくじ1へ   次ゲレンデコースへ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む) 
 2020(R2)年 7月30日(月) 晴れ 総歩行距離6.803km 登り1:26 下り1:04
 駐車場6:40→6:59TV山道横断→ピステ→7:51TV山道へ→8:06山頂8:138:22ケルン8:25→TV山道→8:55ヘアピンカーブ→9:05ピステ横断→9:20駐車場
 2018(H30)年 7月30日(月) 晴れ 総歩行距離5.799km 登り1:11 下り54
 駐車場10:01→10:16TV山道横断→ピステ→11:03TV山道へ→11:12山頂11:1711:28ケルン11:37→TV山道へ→11:57登山道へ→12:07TV山道へ→1214ロープウェイ下→12:20駐車場