三角山(琴似山:311.1m)  

 ポイント
 頂上からは円山、藻岩山、恵庭岳、空沼岳、大倉山、三菱山、砥石山などが見えるが、樹木が茂ると展望が極端に悪くなる。
 分岐には案内板があり、現在地が分かり易く表示されている。
宮の森側入口コース

 アクセス
 北1条宮の沢通の信号「山の手1-11・宮の森4-1」「浄国寺」から山側に曲がる。三角山の山麓に向かって真っ直ぐ進むと、散策路入口に突き当たる。看板や案内板が設置された立派な入口だが、駐車場は無く、路駐禁止になっていた。仕方がなく、丘の上にある公園の下に路駐させていただく。
 国土地理院の地形図 GPSトラックは「2013.8.29」の地図帖へ 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 8月29日 <2013(H25)年 登り哲学の道経由43 下り採石跡経由33>
 丘の上に延びる階段があったので、登ってみたら東屋のある公園だった。そこからは、三角山や円山が見える。戻って、舗装道路を下り、宮の森入口を目指す。法面の上に延びる遊歩道を登って行くと、階段になる。
公園から三角山を 宮の森側入口 法面に延びる 階段を
 一汗かくと、@採石跡分岐に上がる。直ぐに、A「二人静かの散歩道」分岐が現れる。真っ直ぐこぶし平を目指すと、湿地に切り株が飛び石状に配置されていた。こぶし平Bにたどり着くと、目抜き通りに出た様に、人影が多くなる。
@採石跡分岐 A分岐 切り株の道 こぶし平B
 こぶし平Bからは道が良くなり、地図に無い分岐が現れる。哲学の道から大きく迂回するので、真っ直ぐ進むと四の坂Cの分岐になる。
こぶし平B分岐 道が良くなる 地図に無い分岐 四の坂C分岐
 四の坂Cの分岐をやり過ごすと、トラバース気味の道になり「哲学の道」の看板が現れる。リンゴ園へ下る道を確認できないまま、岩場へと入って行く。
四の坂C 哲学の道 岩場
 哲学の道は、傾斜を増し、大倉山分岐Gへと延びていた。尾根に上がると、カケスが飛んでいた。急な尾根道を登って行くと、白花モイワシャジンが咲いていた。
大倉山分岐G カケス 急な坂を 白花モイワシャジン
 ハギも咲いていて、秋の気配を感じさせる。東屋のある十の坂Fに到着して、一息入れる。最後は一気に十の坂を登りきり山頂に辿り着く。山頂には立派な三角点が鎮座していた。
ハギ 十の坂F 山頂へ 三角点
 ベンチに座り、札幌市街地や円山を眺めながら、麦芽風味の炭酸飲料を飲む。
           ←大
札幌市街地      円山
 藻岩山と宮の森ジャンプ台は、見えるが、隣の大倉山を見るには木立が少し邪魔になる
           ←大
                    藻岩山             宮の森ジャンプ台
 山頂で、休んでいるとキアゲハが舞っていた。記念写真を撮し早々に退散する。イワガラミの花を見ながら石段を下る。十の坂F、九の坂Eと下って行く。
キアゲハ 山頂(大×) イワガラミ 九の坂E
 Dの分岐を真っ直ぐ採石場跡へと進んで行くと、円山と藻岩山が見えるスポットがあるが、後は夏草に覆われていた。採石場跡も岩壁が見えなくなる位草に覆われていた。途中に、バイパスの分岐があり入る。
円山と藻岩山 夏草が 採石場跡 夏草が
 再び、広めの道に戻ると、不法投棄車両が現れる。道端のキツリフネを見ながら採石場跡分岐@に辿り着く。後は、一気に下って行く。
不法投棄車両が キツリフネ 採石場跡分岐@ 階段を
 12月6日 <2003(H15)年 登り採石跡経由45 下り最短34>

 アクセス
 北1条宮の沢通の信号「山の手1-11・宮の森4-1」から山側に「浄国寺」があり、十字街に三角山散策路入口の標識がある。山麓に建っている「宮の森病院」に向かって真っ直ぐ進むと、散策路入口に突き当たる。
 看板や案内板が設置された立派な入口だが、駐車場は無い。迷惑にならない位広い道路幅があるので、まだ、家が建っていない所に路駐させていただく(現在は駐車禁止)
 国土地理院の地形図 GPSトラックは「2007.12.28」の地図帖へ 周辺地図
 道路の法面の上を歩き、散策が始まる。宮の森病院をかすめて木段を上ると標識@に着く、ここから標識Aに向かって歩き、そのままB方向に行くかD「二人静かな散歩道」に行くか思案をしていたら、73歳だという女性がB方向から来て、遠回りをして登りましょうと声をかけてきた。愛棒も膝を痛めているので、緩やかな道だといわれてその気になる。
 また、@の方向へ戻り、そのまま「私有地・・」の標識横目に入って行く。愛棒は堪らず、その女性に入って良いのかと聞くが、ゴミを投げ捨てる人がいるので立てているだけで、善良な市民は良いという。
宮の森側入口 法面の上を 木段を登る 標識@
 広場に来るとなるほどソファー等の粗大ゴミが捨ててある。見て憤慨するがなんとも仕様が無い。方向を変えると採石場が左手に見えてくる。大きく抉れた山肌は何時まで経っても回復はしないようだ。右側には採石場の基礎と思われる鉄筋が剥き出しになったコンクリートの塊が見えてくる。これも立派な産業遺跡かと思う。
遠回りをする 採石場跡に入る 南側の採石場跡 採石場の遺跡
 採石場跡は柵が張られ立ち入り禁止になっているが、石の断面を良く観察できる。これを過ぎると円山と藻岩山方向が頂上より良く見えるところがある。相棒は連れになった女性と膝のことやら山のことを話しながら楽しんでいるようだった。
 標識Dに着くと連れになった女性はベンチに腰を下ろし休憩してから登るというので、分かれる。
北側の採石場跡 円山 神社山と藻岩山 標識Dで分かれる
 標識E、Fと登って行くと、愛棒がクルミを見つけた。見渡しても既に木の葉が落ちた後なので、木肌だけではクルミの木が判別できない。
 標識Fから直ぐに頂上になる。誰かが眺望を得るため、木を切って論議をかもしたが、お陰で市街地を望めるようになっていた。山頂の木も年毎に大きくなっているので、また、眺望は望めなくなるだろうと思う。山頂の人が多いので早々に失礼する。
 帰りは哲学の道から帰るはずだったが、何故か北尾根の道を降りてしまう。八の坂にある人面岩も見落とす。八の坂、六の坂の標識が出てきて、十の坂の謎が解けた。標識Bのこぶし平を経て帰る。
標識F十の坂 山頂 市街地を望む 帰りのこぶし平

二人の山行記録もくじ2へ   次大倉山・三角山縦走へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む) ○印は道標の番号
 2013(H25)年8月29日(木) 曇り 登り43 下り33
 8:29入口→8:35@→8:36A→8:41Bこぶし平→8:44分岐右へ→8:46C四の坂分岐→8:59岩場→9:01G大倉山分岐→9:07F十の坂→9:12頂上9:20→9:22F十の坂→9:26E九の坂→9:30D分岐→9:36採石場跡→9:38分岐左→9:46分岐左→9:48@→9:53入口
 2003(H15)年12月6日(土) 曇り 登り45 下り34
 10:36駐車場所→10:43@→10:46A→10:49@→10:58砕石場跡→11:08D→11:12E→11:21頂上11:25→11:32E→11:38六の坂→11:44Bこぶし平→11:51A→11:59駐車場所