小樽市指定歴史的建造物U
1.大家倉庫 2.魁陽亭 4.遠藤又兵衛邸 5.百十三銀行小樽支店 6.北海道銀行本店 7.名取高三郎商店 8.岩永時計店 9.第百十三国立銀行小樽支店 10.小樽商工会議所 11.小樽市庁舎 12.小樽区公会堂・岡崎家能舞台 13.小樽倉庫 14.欠番 15.早川支店 16.越中屋ホテル 17.共成(株) 18.三菱銀行小樽支店 19.安田銀行小樽支店 20.渋澤倉庫 21.木村倉庫 22.増田倉庫 23.上勢友吉商店 24.第一銀行小樽支店 25.第四十七銀行小樽支店 26.猪股邸 27.寿原邸 28.小樽聖公会 29.旧小樽組合基督教会 30.三井物産小樽支店 31.北海道拓殖銀行小樽支店 32.岡川薬局 33.久保商店 34.金子元三郎商店 36.田中酒造店 37.渡邊酒造店 38.中越銀行小樽支店 39.北海道庁土木部小樽築港事務所見張所 40.通信電設浜ビル 41.戸出物産小樽支店 42.島谷倉庫 43.作左部商店蔵 45.高島町役場庁舎 46.花園町会館 47.潮見台浄水場管理棟 49.天上寺本堂 50.水天宮本殿、拝殿 51.高橋倉庫 52.荒田商会 53.日本石油(株)倉庫 54.日本郵船(株)小樽支店残荷倉庫 55.島谷汽船(株)社長宅 57.日本郵船(株)支店長社宅 58.恵美須神社本殿 59.徳源寺本堂 60.龍徳寺本堂 61.住吉神社社務所 62.白鳥家番屋 63.篠田倉庫 64.岡崎倉庫(3棟) 65.右近倉庫 66.広海倉庫 67.塩田別邸 68.塚本商店 69.小樽無尽(株)本店 70.カトリック富岡教会 71.板谷邸 72.小堀商店 73.向井呉服店支店倉庫 74.坂牛邸 78.水上歯科医院 79.光亭 80.前堀商店 81.丸ヨ白方支店 82.小樽保証牛乳株式会社 83.磯野支店倉庫 84.杉森喜一郎邸

 ポイント
 小樽市指定歴史的建造物は小樽市のHPに記載されている。
 第41号 戸出物産小樽支店  <2015.2.9>
戸出物産小樽支店 解説板
 ルヘン交差点に建っている。
 第47号 潮見台浄水場管理棟 
浄水場正門(大×) 洒落た建物
 浄水場内は立ち入り禁止だったので、仕方が無く、その前で記念写真を撮し、中を覗くと、洒落た建物が見える。
 第50号 水天宮本殿・拝殿  <2011.4.6> 別ページ有り
本殿 解説板
 本殿・拝殿は小樽市指定歴史的建造物第50号に指定されている。
 境内からは、冬木立越しだが沖合いに赤(北)防波堤、白(南)防波堤、手前にクレーンの見える第二埠頭、中央サイロの建つ港町埠頭、フェリー船着場の中央埠頭、平磯岬の上に銀鱗荘が見える。
                     ←大
     第二埠頭            赤防 白防  港町埠頭         中央埠頭 銀鱗荘
 第52号 荒田商会  <2011.4.6>
旧荒田商会
 通りから奥まった所にある。
 第55号 旧島谷汽船(株)社長宅  <2016.12.19>
裏側から
 西陵中学校の近くにある。建物の裏側から見たが、海の望める場所に建っているようだ。
 第58号 恵美須神社  <2013.8.15> 周辺地図
 茨木家中出張番屋の横に恵美須神社の入口がある。鳥居に向かって行くと、解説板と写真が目に付く。鳥居の奥は、夏草が生えて、余り人が登っていないようだ。
入口 解説板 写真 鳥居
 トリカブトの咲く海岸段丘の道を小さくジグを切って登って行くと、石造りの鳥居があり、「昭和十五年十一月十日/紀元二千六百年記念」と刻まれていた。もう70年が過ぎているのに立派だと思う。奥には文久3(1863)年に建てられた本殿が収められている覆屋が見えて来る。左側には大きな木があり、近づくと記念樹の看板がある。
トリカブト 鳥居 本殿 記念樹
 看板には昭和47年3月25日指定時点で、推定樹齢280年のヤマグワだと記されているので、現在は321年と言うことだろうか。桑の大木を眺め、反対側を向くとイチイの大木もある。鳥居からは、海が見える位置にある。
解説板 桑の大木 イチイの大木 鳥居から
 鳥居から少し下ると祝津漁港が見える。
           ←大
祝津漁港
 第59号 徳源寺  <2012.6.15>
 道端に解説板があったので、立ち止まって目を通す。境内は、立入禁止ではなかったので、入らせていただいた。真正面に本堂があり、本堂の左手に龍神堂が配置されているようだ。
解説板 境内 龍神堂 本堂
オドリコソウ
 龍神堂の裏手に回ると、オドリコソウが咲き、石碑が2つ鎮座していた。読みやすい字体で書かれた石碑には「☆義昌盡忠碑」と刻まれていた。碑裏を見ると「故陸軍歩兵上等兵勲八等渡部義昌享年/二十二歳昭和十三年五三十一日中支/永域野戦病院ニテ死亡ス/皇紀二千六百年十一月建立」と刻まれていた。支那事変で亡くなられた方の慰霊のために昭和15年の建立したようだ。
 境内には、写真の様な看板があり、その隅に、小樽市指定保存樹木の説明が書かれていた。実際に、黒松とイチョウを撮すよりも看板の方が分かり易かった。
☆義昌盡忠碑 石碑? 保存樹木の看板 解説
 第61号 住吉神社社務所
社務所 解説板
 社務所の前に看板があるので近づいて見た。
 昭和9(1934)年に建築されたようだ。よく見ると、車寄せの屋根は丸みを帯びた唐風で、その上にある母屋の屋根は和風に見える。
 第62号 白鳥家番屋
 手宮から祝津に抜ける道道小樽海岸公園線(通称"番屋通り)を走り、祝津に入ると、水族館の駐車場へ曲がる角に建っている。角には解説板があり、奥に進むと群来陣の看板が壁に見える。群来陣は小樽市街にある江差亭の系列で、郷土料理専門だったが、この2店は、残念ながら閉店となっているようだ。裏手に回ると水洗の公衆トイレもある。
表側 解説板 群来陣の看板(大×) 裏側
旧白鳥番屋
 第63号 篠田倉庫 <2011.8.31>
解説板 倉庫
 運河の北側に行くと篠田倉庫がある。
 第64号 岡崎倉庫 <2016.11.26>
田中酒造 解説板
 道路側の新しい部分は臨港線拡幅工事で、切り取られたので、改修された部分のようだ。この軟石は、天神産なのだろうか。
 第69号 小樽無尽(株)本店 <2013.3.20>
おたる無尽ビル 解説板
 解説板は植え込みに隠れて見えない。
 第70号 カトリック富岡教会 <2013.7.27>  周辺地図
 商大通り(通称:地獄坂の始まり)の道路沿いに門があり、その奥にも門がある。道端に花が植えられている道を辿り、前庭に入ると綺麗な教会が見られる。
道路から 二つ目の門前 教会 解説板
 第71号 板谷邸  <2011.4.6>
解説板 旧板谷邸
 門に「海宝樓」の看板が架かっている。
 門の前の駐車場からは赤岩山、大同倉庫のサイロ、小樽港や赤防、白防が一望される。下の街並みには堺通りが良く見える。
                               ←大
         赤岩山 下赤岩山   大同倉庫サイロ 堺通り                  赤防 白防
 第72号 小堀商店 <2016.11.26> 国土地理院地図 周辺地図
 
小堀商店 現在の看板 解説板
レリーフ 解説板
 建物に向かって左側には、榎本武揚とW・S・クラークのレリ−フと解説板がある。
 第74号 坂牛邸 <2010.8.10> 国土地理院地図
 建築家田上氏によって設計された坂牛邸が記念室として今年1月13日にオープンした。開館日時は毎週金・土・日曜の10:00〜15:00で入館料300円とのこと。
玄関 天狗山をバックに
 内部の写真撮影は禁止なので外回りだけ。
 1928(昭和3)年に建てられた木造2階モダンな洋館が天狗山をバックに見られる。
 第78号 水上歯科医院 <2014.9.18> 国土地理院地図 周辺地図
 
坂の下から 坂の上から 解説板 後ろから
 第83.旧磯野商店 <2011.8.31>
海猫屋 解説板
 現在はレストランとして使われているようだ。

散歩路もくじ1へ   次小樽街角へ    北の探歩訪へ 

 二人の散歩路記録
 2015.2.9 2014.7.14 2014.2.8 2013.8.15 2012.6.15 2011.8.31 2011.4.6 2002.10.28