観音滝(標高85m)
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 古平町から当丸峠に向かう途中に、「泥の木橋」の手前に「古平浄水場」の標識があり、右手に神社がある。その舗装道路を真っ直ぐ行き突き当たりに林道入口あああり、路肩に駐車させていただく。
 国土地理院の地形図  GPSトラックは「2008.4.26」の地図帖へ 周辺地図
橋の袂の神社
 泥の木川沿いの林道を辿ると、道端にお地蔵さんが安置されている。四国四十四カ所、西国と彫られているが、荒れていて管理人は居ないようだ。砂防ダムの音に滝かと思うが、林道の終点に滝はあった。林道は水道の送水管の赤い橋で終る。この右手に道が続いているので、辿って行くと、滝の音がして、滝の全景が現れる。滝が良く見えるかと、奥に進み崖に近づくが、怖い思いをしても余り変わらない。
お地蔵さん 林道終点 手前から観音滝 奥から観音滝
 滝を見て満足して、引返すと、崖に紫のキクサキイチゲが咲いていた。滝を改めて見たら、その前に、お地蔵さんの台座だけあって、イタチか何かの糞がある。お地蔵さんは何処へ行ってしまったかと心配しながら、かえると、別のお地蔵さんが鎮座していた。サンカヨウの白い花も咲いていた。林道に出るときに石抱の木があった。
キクサキイチゲ お地蔵さん サンカヨウ 石抱の木
 林道を帰ると、イワハタザオ、ヤチブキが咲いていた。泥の木川の水は澄んでいて、綺麗だった。流石に、飲料水として使われているだけあると感心する。
イワハタザオ ヤチブキと蝶 泥の木川沿いの道

散歩路もくじ1へ     次セタカムイ岩へ    北の探歩訪へ 

 二人の散歩路記録
 2008年4月26日(土) 晴れ
 13:09林道入口→13:50滝13:54→14:52林道入口