セタカムイ岩

 アクセス
 積丹に向かう途中に、新しくなった豊浜トンネルを抜けると、セタカムイ岩があり、その傍に慰霊碑がある。
 国土地理院の地形図 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 セタカムイ岩には悲しい伝説があったが、悲しい現実もある。独特の形をしたセタカムイ岩を見ようと、近づいて行くと広場がある。その奥に慰霊碑が見える。近づいてみると、トンネル崩落事故で亡くなられた方々の慰霊碑だった。石碑は「建碑趣意」で、事故当時の顛末や無念さが滲み出ている文書が刻まれている。献花と水は欠かしたことがないようだ。遺族の方々が毎日お参りに来ているような雰囲気だった。
セタカムイ岩 広場 慰霊碑 石碑
 トイレの所には「サタカムイの伝説」という看板が立っていた。
 重たいものを感じながら、踵を返すと、古平方向の洋上に大森山と丸山が浮いていた。駐車場に戻ると「国道229号道路防災祈念碑」が建っていた。平成10年2月に近隣の市町村が建立したようだ。
セタカムイの伝説 大森山と丸山 路防災祈念碑(’09)

散歩路もくじ1へ     次蝋燭岩へ    北の探歩訪へ 

 二人の散歩路記録
 2009.10.15(木) 2007.6.2(土)