軽川桜づつみ(6m)
=新川水系=

 ポイント
 軽川には別ページがある。
時計回りコース

 アクセス
 駐車場は無いが、JR手稲駅やバス停から近い。
 国土地理院地図 GPSトラックは野山の地図帳「2024.5.2」へ Google Map
 5月2日<2024(R6)年 一周3.684km 1:06> 
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 山では熊の出没が多いとの理由から、体力低下を棚に上げて散歩になってしまうこの頃。下手稲通の下手稲橋から左岸を川下に向かう。直ぐに鯉のぼりが風に揺れていた。桜の時期は過ぎた感はあるが、まだまだ花見が出来そうだった。
下手稲橋 川下へ こいのぼり
 ピンク色や白い花の桜、二本の桜が一本に見えるのか白とピンクの花が混じって咲いているものもある。
ピンク 白とピンク
 稲山橋を過ぎても、桜が咲いていた。桜ではない白い花もさいていた。道標「新川水系/→中の川合流地点まで0.5km/←稲山橋まで100m」が出てくる。
稲山橋 ピンク 白い花 中の川0.5km
 マンサクの黄色い花も咲いていた。砂山橋からは手稲山が霞んで見えていた。右岸に移ると、ハナモモなのか低木ながら奇麗な赤い花が見られた。
マンサク 砂山橋 手稲山 ハナモモ
 赤いものよりも少し大きい丈の白いハナモモも咲いていた。中川と軽川が交流する突端には休憩舎がある。一息入れて、今度は右岸を川上に向かって辿る。排水機場を眺めながら右岸を辿って行くと、直ぐに、道標「←中の川合流地点まで250m/←砂山橋まで30m」がある。
白い花 休憩舎 排水機場 中の川250m
 道標「←中の川合流地点まで500m/→稲山橋まで100m」も現れる。下手稲橋から軽川越しに手稲山を眺める。白やピンクのサクラを眺めながら歩いていると、再び、鯉のぼりが風になびいているのが見えて来る。下手稲橋を潜ろうと、川沿いの道に下り、鯉のぼりを下から眺めたり、振り返って見たりする。
中の川500km 下手稲橋から 白ピンク こいのぼり
 前田橋の下は、低いので頭をぶつけないように注意するが、いきなりパイプにぶつけてしまう。堤の上に戻ると、道標「←中の川合流地点まで1.3km/←前田橋まで50m」がある。二つ目の鯉のぼりが金山をバックに揺れていた。道標「←中の川合流地点まで1.5km/→前田大橋まで40m」が出てきて終わりに近づく。
前田橋 中の川1.3km こいのぼり 中の川1.5km
前田大橋を越えて軽川の終点に行くが、味気ない側溝の様だった。再び、左岸に戻り前田大橋を越えると、道標「→中の川合流地点まで1.5km/←前田大橋まで40m」がある。前田橋の袂にモニュメントがあるので記念写真を撮す。
軽川終点 前田大橋 中の川1.5km モニュメント
 前田橋から、ガストにまっしぐらで、ビールで乾杯をする。店内は、ロボットが配膳をして、レジもセルフだった。コロナの4年間ですっかり世の中が変わって見える。

二人の山行記録もくじへ   次宮丘公園・学田山へ   アソビホロケール山へ

 二人の記録
 2024(R6)年5月2日(木)  晴れ 一周時計回り3.684km 1:06
 13:13バス停→13:18下手稲橋→13:29砂山橋→13:31ワラビ排水機場→13:45下手稲橋→13:前田橋→14:01前田大橋→14:04軽川終点→14:06前田大橋→14:13前田橋→14:19ガスト