手稲峰(三角点:595.2m)

 ポイント
 「手稲山(タンネウェンシリ)」を構成する北東尾根は、ネオパラ山から始まり640m峰、三角点:手稲峰、454m峰、三角点:宮の澤と連なっている。手稲峰から延び下る尾根は岩場の細尾根が多く、スノーシュイング向きと思われる。
 宮の沢(西区)コース:特別養護老人ホーム手稲リハビリテーションセンター裏にある尾根を登る。
 西宮の沢(手稲区)コース:宮の澤(三角点:310.7m)、454m峰を経由して尾根伝いに登る。
 古の登山道(球徳稲荷)コース:球徳稲荷の裏にある尾根を登る。
 三樽別川コース:岩尾根伝いに登る(未踏)。
  国土地理院の地形図 周辺地図
宮の沢(西区)コース
 2月10日 <2002(H14) 登り2:02 下り1:43 スキー>      北の山游詩:風車
 奥にネオパラ山が見える道路を上がって行くが、駐車スペースが無い。戻って、広く除雪している特別老人ホーム沿いの道路にありがたく駐車させていただく。準備を終えて、特別老人ホームの裏手から尾根に取り付くが、すぐに尾根の上に家が建っている。ここを何とか越えないと尾根に取り付けないので、玄関先を通してもらおうと玄関に向かうが無人だった。この民家の庭先からは手稲や石狩が望まれた。
道路の延長にネオパラ山 老人ホームの裏から登る 尾根上の民家の庭から手稲、石狩を望む
 送電線を潜ると見晴らしが良く、手稲峰から454m峰、宮の澤のある尾根を隣りに見ながら登って行く。
           ←大
  手稲峰                      454m峰                             宮の澤
 送電線の下は見晴らしが良く、藻岩山や三角山などの札幌連山が見えた。白樺がキノコに寄生されたためか、腐ったように肥大している木が多かった。尾根は痩せていて、雪がなかったら、岩がゴツゴツ出ていると思われるコブを3〜4か所通過する。
 今日は、雪が締まっていたので、ラッセルも無く、カンジキで登った跡を辿るが、足跡が硬くなっているので、意外と邪魔をする。
三角山 藻岩山 白樺の腐ったコブ 最初の岩コブ
 痩せ尾根が無くなると、傾斜が緩くなり、台地状になる。やがて、右に曲がりながら頂上に向かう。頂上近くになると、少し急になりネオパラ山を左に見ながら登って行く。
 頂上に着くと、今まで晴れていたのに、雪が降ってきた。登っている時には木立越しに、石狩の海や手稲も見えていたのに残念だ。目の前の千尺スキー場の跡を見て昼食をする。西宮の沢側の454m峰に続く尾根は細くスキーでは登って来れそうな状態でなかった。
頂上直下からネオパラ山 頂上から千尺スキー場 頂上から手稲方向 454m峰へ続く痩せ尾根
頂上(大×) 頂上直下のゲレンデ
 頂上で記念写真を撮し、下山を開始する。帰りは頂上近くで僅かに、スキーで滑るところがある。
 岩のあるコブ近くでは、スーキが落とし穴にすっぽり落ち、崖側に数メートル滑り落ちる。

山行記録冬山1へ   次手稲峰西宮の沢コースへ   アソビホロケール山へ

 二人の登山記録 (遊びの時間含む)
 2002(H14)年2月10日(日) 晴れ後時々雪 スキー 登り2:02 下り1:43
 9:26老人ホーム→9:53送電線下→10:38台地→11:28頂上12:13→14:43台地→13:33送電線下→13:56老人ホーム