塩谷丸山(629.2m)         JR塩谷駅
    (遠藤山から天狗山の縦走は遠藤山へ)           
コース別 ガスタンク 塩谷駅
右回り
塩谷駅
左回り
最上町 旭山縦走 遠藤・天狗
縦走
海岸から
純登山のHP

 ポイント
 岩場の山頂から海岸線が間近に見られる。家族連れには最高だと思う。JRで塩谷駅まで来れるが、帰りの時刻が気になる。時間が有れば遠藤山、おこばち山、天狗山と縦走できる。
ガスタンクコース

 アクセス
 塩谷駅前にある駐車場の車を停め、ガスタンクを目指し線路を横切る。標識に従い、登山口となる林道を目指す。林道入口近くにも駐車スペースがあるが、土日は混み合う。それでも車上狙いが発生している。
 国土地理院の地形図 周辺地図
 8月14日 <2010(H22)年 登り1:40 下り1:17 > GPSトラックは山の地図帳「2010.8.14」へ
 塩谷駅前にある駐車場の車を停め、ガスタンクを目指し線路を横切る。標識に従い、登山口となる林道を目指す。
踏切を渡る 道標に従い 林道へ 登山口
 林道なのか登山道なのかわからない登山道を辿って行くと、隣の塵償却施設から生塵の臭いがして、カラスも鳴いていた。深く呼吸をしないようにして、早足に悪臭いから逃げるようにして登って行く。道端にはイワミツバの白い花、キンミズヒキの黄色い花がさいていた。真っ直ぐ延びていた登山道が地図には記載されていないジグを繰り返した後、台地へ飛び出す。登り終えると、台地に出てススキや背の低いササの原っぱになる。
登山道を イワミツバ(大×) キンミズヒキ(大×) 台地へ
 台地の上に反射板が2基建っていて、反射板からは、赤岩山が望まれる。台地から見る山頂は溶岩ドームのように小山になって見える。道端には、ヤマハハコが咲いていて、ヒョウ柄の蝶が蜜を吸っていた。
反射板 赤岩山を 山頂を 蝶とヤマハハコ(大×)
 台地からは余市市街が見え、その奥に積丹半島の山々が広がっていた。ツリガネニンジンは最後の花を咲かせていた。登りながら振返ると、忍路や余市市街地が見えていた。ススキが多くなると山頂が近い。
積丹半島を ツリガネニンジン(大×) 忍路 余市が
 山頂の岩場が近づくと桃岩も良く見て来る。岩場を登って行き、龍神の碑に寄ろうと思ったら、藪になっていたので、帰りに寄ることにして山頂に上がる。
 三角点のある山頂では男性が写真撮影の真っ最中だったので、奥の祠のある山頂へ行く。祠と錨を見上げて岩場に座り景色を楽しむ。帰りに祠と錨と共に記念写真を撮す。
桃岩 岩場に 山頂 記念写真(大×)
 天狗山、毛無山、上二股峰、余市岳、於古発山、遠藤山と山側の景色を望う。
                     ←大
      天狗山              毛無山             於古発山        遠藤山
 海側には余市市街、その奥に積丹の山々、シリパ岬、海岸線には忍路湾、竜ケ崎、桃岩が見えていた。
                     ←大
      余市市街       シリパ岬     忍路 竜ケ崎      桃岩
 景色を楽しみ、山頂をあとにする。途中で桃岩を見て、割れ目のある大きな岩の所に向かう。割れ目を飛び越えるのにちょっと勇気がいるが、岩の上に上がり愛棒に記念写真を撮してもらう。三角点の山頂に寄ると、キアゲハが群れていた。粘って、キアゲハの写真を撮せた。三角点も撮す。
桃岩を 岩の上 キアゲハ(大×) 三角点
 三角点の山頂でも記念写真を撮し下山を開始するが、「大山大明神」の碑が気になって探した。管理する人が居なくなったのだろうかと思う。山頂から立岩や忍路湾を見ながら下って行く。
三角点の山頂(大×) 大山大明神の碑 立岩 忍路湾
 10月24日 <1999(H11)年 登り1:30 下り1:31 >
 
山頂(大×)
 今日は、暑寒別岳の疲れもあり、登りやすい山として塩谷丸山を選んだ。登るに連れて幅の広い手入れの行き届いた登山道となる。登りかけに、コクワを持った男性に出会う。間もなく、道端にコクワを発見する。果実酒にしようと良い物だけを拾う。
 真っ直ぐ延びていた登山道がジグを切って登って行くと、台地にでる。笹原だが、笹の背が高く展望は無い。笹の中には雪が見られるようになる。台地の上に2基の反射板が見えるようになると、笹お背が低くなり展望が良くなる。最後に、溶岩円頂丘の様なコブを登ると山頂に辿り着く。
 頂上に上がると、風が強かったので岩陰に隠れ昼食とする。山頂からは余市方向に廃棄物処理場が建設中だった。海側は晴れているが、山側は曇っていて展望は無かったが、天狗山、遠藤山、ニセコ連峰がh辛うじて見えた。
 11月3日 <1997(H9)年 登り1:20 下り1:10 >
 家を出るときに天気が良かったが、小樽に向かうに従い雲行きが怪しくなって来た。天気の悪い方向へ向かっているような気がしてくる。
 登っている最中に、雨が落ちて来たが、間もなく止んでほっとする。台地に上がると、ススキの野原になり展望も良くなる。頂上に近づくにしたがい、風が強くなってくる。
山頂(大×)
 頂上に上がり、山頂標識と記念写真を撮す。食事をしていると、風が強くなりウインドブレーカを着込む。カプチーノコーヒを飲もうと思ったら、忘れて来たことに気がつく。
 頂上からは雲の中に余市岳、直ぐ近くに天狗山と遠藤山、遠くにニセコの山々が見えたが羊蹄山は見ることが出来なかった。海側は海岸線が綺麗に見えた。
 駐車場に辿り着くと、隣の車の所で数人が話をしていた。不審に思って聞いてみるとガラスが割られて財布を取られたとのことだった。
 11月3日 <1996(H8)年 登り1:30 下り1:07 >
 山頂の三角点に辿り着くと、小樽や余市が見えていた。奥の山頂に行くと山頂標識があり、記念写真を撮す。頂上はやや肌寒かったが、羊蹄山やニセコ連峰、余市岳が見えていた。帰りに、岩塔に上がろうとしたが、愛棒は岩の割れ目が怖くて尻込みをする。
小樽 余市 山頂(大×) 岩塔(大×)
岩塔
 私は岩の割れ目を飛び越えて、岩塔に上がり記念写真を撮してもらう。
 帰りは、車で天狗山に上がり、白いフェリーの入って来る景色を楽しむ。
コース別 ガスタンク 塩谷駅
右回り
塩谷駅
左回り
最上町 旭山縦走 遠藤・天狗
縦走
海岸から
純登山のHP

二人の山行記録もくじ1へ   次塩谷駅コースへ   アソビホロケール山へ 

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2010(H22)年8月14日(日) 晴れ 登り1:40 下り1:17
 8:15塩谷駅駐車場→8:27林道入口(駐車スペース)→8:33登山届ポスト→9:31反射板→9:55山頂10:20→10:22龍神→11:14登山届ポスト→11:23林道入口→列車通過待ち→11:37塩谷駅駐車場
 1999年10月24日(日) 曇り強風 登り1:30 下り1:31
 1997年11月 3日(日) 曇り強風 登り1:20 下り1:10
 1996年11月 3日(月) 晴れ    登り1:30 下り1:07