センチが丘のシバザクラ(100m)

 ポイント
 琴似発寒川に架かる山の手橋の袂から、三角山に向かって南に延びる尾根がセンチが丘と呼ばれていたようだ。この丘に、ご夫婦でシバザクラを咲かせている。

 アクセス
 北1条宮の沢通りのセイコーマート山の手4条店の向かいに、石垣の法面のある道に入る。住宅地内に駐車スペースは無いので、石垣沿いに路駐する。
 国土地理院地図  GPSトラックは山の地図帖「2013.6.9.10」へ 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 6月10日 <2013(H25)年 一周 1.830km 44分>
 HYML仲間の339さんからのDMで、芝桜の位置がわかり、次の日、愛棒も見たいと言うことで二人で車で出かけた。石垣の法面の道に入り、道幅が広いので路駐させて頂く。どんな所なのか分からないので、登山靴を履く。準備をしていると、男性と女性が山スタイルで下って来た。
 近づくにしたがって芝桜が見え出す。芝桜の畑に到着すると、ご夫婦で野良仕事をしていた。芝桜を見せてもらいたいと言うとどうぞと言うので、畑を登って行くと芝桜越しに市街地が見え出す。一応、最高地点まで行ってみると、昨日、右往左往した公園跡の上だった(寺口山の登山道の立ち入り禁止の所に繋がっている)。
赤坂山に向かって 芝桜 市街地が 最高地点
 斜面は結構急で滑るので、愛棒は下から見ていた。札幌市街地と芝桜が見られるのは素晴らしいと思う。
           ←大
札幌市街地と芝桜
 下って、お礼を言うと、愛棒と奥さんの話が弾んでいるようだった。赤坂山には、昔、遊歩道があったり、スキー場もあったらしい。驚いたのは、Uさんご夫婦八軒から自転車で通って来ていると言う。
                     ←大
農園の全景
 農園を振り返り、昨日、辿っていなかった寺口山の北側に下る道を探そうと、地図に載っている道を探すと、畑沿いに道があり、辿って見る。畑を外れると荒れた道になり、芝桜が見えて来る。愛棒が行きたくないと言うので、引き返す。道すがら、芝桜が見えていた。
農園を振り返る 北側の登山道へ 荒れた道が 道すがら
 =センチが丘考=
 ジモティのHYML仲間の339さんからDMで教えていただいた貴重な情報です。339さんの友人からの情報とのことですが、『宮田克之さんと云う方が書かれた {冨茂登橋とセンチが丘} より抜粋しました。 <・・・その一本道の突き当りが結核療養所(今の国立札幌西病院)であった。 裏手は、すぐ三角山の先がせり出した丘陵で、細い山道が2、3本あるだけであった。 所有者の名をとって、人々はこの丘陵を左から赤坂山、寺口山と呼んでいる。 ・・・回復期にある人は、よくこの丘を散策し、ロマンチックな祈りをこめて「センチが丘」と呼んでいた。>』とのことです。

二人の山行記録もくじ2へ   次寺口山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2013(H12)年6月10日(月) 晴れ 一周 1.830km 44
 13:34路駐→13:46芝桜最高地点→14:18路駐