オタナイの沼(4m)

 ポイント
 遠い歴史の風を感じながら、小樽という名の発祥の地に残るオタナイの沼と石碑を目指す。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 国道337号線(道央新道)の第一新川橋の袂に広い駐車場がある。道路沿いには防雪柵があり、駐車場も取り囲まれていて、駐車場から直接北側へは行けないようになっている。防雪柵の無い所は、新川右岸が一番近そうだった。
 国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帳「2014.1.20」へ 周辺地図
駐車場
 1月20日 <2014(H26)年 スキー 単独 一周2:06>  北の山遊詩:オタの波跡
 防雪柵を避け、新川右岸沿いに伸びる管理道路からオタナイの沼を目指す。最初、管理道路沿いに行こうと思ったが、除雪されている道路沿いは、味気ないので、一直線に沼を目指すことにする。途中、地図には名前が載っていない小川があるが、超えられるだろうと思いながら進んで行く。小川に辿り着くと、川の北側には砂丘があり海岸林が広がっていた。小川の渡り易い所を探すが中々無かった。最終的には、橋があると思われる道路に出て、小川を渡る。次に、二つ目の海岸林があり、その中を進むことになる。林の中は木立に雪が積もっていて、雪の爆弾が何時落ちてくるか分からない状態だった。
新川右岸から 一つ目の海岸林 二つ目の海岸林 爆弾の林
 二つ目の海岸林の中は、波状の砂丘になっていて、直角に超えて行く。この波状地形が、方向感覚が無くなってしまう林の中ではありがたかった。小さく登り小さく滑り降りるを繰り返し楽しむ。オタナイの沼が近づくと、道を横切るが、そのまま進んで行く。再び、海岸線へ延びている道に出て、オタナイの沼を目指す。オタナイの沼の北端に出ると、真っ白な沼とその背後に第二吹上、第一吹上(マサリヌプリ)が見えていた。
波状地形 道を横切る 海岸への道に オタナイの沼
 真っ白なオタナイの沼の端を一周しようと、沼の端を反時計周りに辿って行く。沼は凍っていると思われるが、単独行動なので用心のため沼に近づかないでスキーを進めるが、時折、ストックにコンクリートの様な氷の感触が伝わってくる。
                     ←大
オタナイの沼
 オタナイの沼の西側に着いたときに、新川の河口を覗いて見る。河口からは、手稲峰、ネオパラ山、手稲山、奥手稲山、銭函天狗山、春香山、和宇尻山、第二吹上、吹上(マサリヌプリ)、石倉山、塩谷丸山連なって見える。
                               ←大
     手稲峰 ネオパラ 手稲 奥手稲 銭天 春香 和宇尻   第二吹上 吹上 石倉 塩谷丸山 小樽港
 小樽港や赤岩山は煙っていて良く見えない。石狩湾新港は、辛うじて見えていた。オタナイの沼を西端から振り返ると、遠くに阿蘇岩山が見えていた。
赤岩山 石狩湾新港 西端からオタナイの沼 阿蘇岩山
 今度は、西端からオタナイの沼の南側を辿って行くと、直ぐに、「オタナイ発祥之地」碑があり、その傍に、ユニークな方位盤(方向台)がある。碑文は雪に埋もれていて見えないが、碑文には「此の地は原名をオタナイと云い石狩町樽川発祥の地である。石狩湾新港建設に関連して小樽市に編入された・(有志の名)略・・・・昭和六十年十月建立」と記され、その裏に詩が刻まれている。
 オタナイの沼の南側は一番高くなっていて、沼に向かって崖になっている。ちょっとした崖を下り、沼の辺に出る。沼を一周して、オタナイの沼越しに春香山を見て、再び、トレース通りに引き返す。
オタナイの碑 方位盤 オタナイの沼の南側 春香山と沼
 小川の所に戻ると、石で造られた門柱があり、その奥に、換気口の突き出た簡易水道施設が見えた。その傍を、何をするでもなく通り過ぎてしまう。もしかしたら、樽川村の簡易水道だったのだろうかと思う。

 =オタナイ考=
 昔は、星置川、清川(すみかわ)が小樽内川だった。現在は、星置川がバイパスで海に流れ、新川が開削されて小樽内川を分断した結果、清川とオタナイの沼が残ったようだ。旧小樽内川は、銭函海岸に沿った砂丘の間を流れ、石狩(小樽)湾に流れ出していたので、アイヌ語のオタナイ(砂川)やオタ・オル・ナイ(砂浜の・中の・川=知里、市史)の景色が見えて来る。この河口には松前藩の小樽内場所が置かれ、それが西へ広がり「小樽」発祥の元となったといわれている。
 オタナイ発祥之地碑があるオタナイの沼の南側には、樽川村があった。樽川村は1882(明治15)年から石狩湾新港建設のため立ち退いた1971(昭和46)年まで現存した。砂浜はオタネ浜といわれている。

山行記録冬山1へ   次樽川へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2014(H26)年1月20日(月) 曇り ラッセル15cm スキー 一周2:06
 11:07駐車場→11:30一つ目の海岸林→11:40二つ目の海岸林→11:51道に出る→11:59オタナイの沼一周12:2810:56P995m11:18→12:37二つ目の海岸林へ→12:53一つ目海岸林を越える→13:13駐車場