大倉山(307m)  

 ポイント
 シャンツェの上に展望台があり、美味しいソフトクリームを食べながら、札幌市街が一望できる。山頂へはリフトと遊歩道の2ルートがある。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
リフト〜遊歩道コース

 アクセス
 大倉山ジャンプ競技場を目指す。無料の大駐車場(普通車113台駐車可能)があり、安心して駐車できる。
 国土地理院の地形図 GPSトラックは「2008.8.17」の地図帖へ 周辺地図
 8月17日 <2008(H20)年 登り:リフト7分 下り:散策路24分 子連れ>
 長さ34.6m、斜度30°といわれるドーム型エスカレータを上がると、もう札幌市街が望め、シャンツェも目に飛び込んで来る。孫と一緒にリフトに乗る。途中、審判塔や人工芝を張ったスロープ、カンテを見ながら乗って行く。
エスカレータ シャンツェ リフト(大×) スロープ
 山頂に着いて、直ぐにソフトクリームの誘惑に負けて、皆でそれぞれの好みの味で食べる。食べ終わって、3階の展望台に上がり札幌市街を見渡す。左から、「三角山」「大なまこ山」「小なまこ山」、一段と高い「JRタワー」、手前に戻って「荒井山」「円山」「神社山」「藻岩山」と続く。昔は、「テレビ塔」が目立ったが、今はビルの隙間に入ってしまい、探すのが一苦労になった。
                          ←大
      三角山           大なまこ 小なまこ JRタワー 荒井山  円山     神社山     藻岩山
 展望台からシャンツェを見下ろして大満足し、スキー板と共に記念写真を撮す。下りは遊歩道で下りることにして、遊歩道の入口を下って行くと、直ぐに、コクワの蔓がブランコ状に垂れていて、孫が乗るとりたいと言うので、乗せてみる。
シャンツェ 記念写真(大×) 遊歩道へ(大×) 蔓のブランコ(大×)
 板張りの階段を下って行くと、途中に展望の良い所があり、ブレーッキングトラックや審判塔、「奥三角山」を見ながら昼食とする。昼食が終わり、斜面に「クサフジ」の咲く道を下って行く。
昼食(大×) ブレーキングトラック 審判塔と奥三角山 クサフジ(大×)
 遊歩道は、突然開けシャンツェの方に歩み寄ると観客席が見えて来る。戻って、可愛い花や黄金色に色付いて来たススキの穂、「ツキミソウ」を見ながら下って行く。
観客席 (大×) 黄金色のススキの穂(大×) ツキミソウ(大×)
 下に来るに従い、花が多くなり野菊や、まだ青い「ツリバナ」、「コウゾリナ」「キツリフネ」が咲いていた。
野菊(大×) ツリバナ(大×) コウゾリナ(大×) キツリフネ(大×)
 クサフジにはモンシロチョウが蜜を吸い、赤とんぼが羽を休ませていた。再び、ドーム型エスカレータの入口でスキー板と共に記念写真を撮し、エスカレータには乗らず、真ん中の階段で下る。駐車場に着きドーム型エスカレータを振り返る。
モンシロチョウ(大×) 赤とんぼ(大×) エスカレータの脇で(大×) 駐車場

二人の山行記録もくじ2へ   次神社山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2008(H20)年8月17日(日) 晴れ
 11:20エスカレータ上→11:27リフト11:34→11:54散策路入口→12:07昼食12:20→12:33エスカレータ上12:44→12:50駐車場