奥三角山(354m)                         

 ポイント
 冬や春先の山頂から札幌市内や樺戸山塊、芦別岳、夕張岳が一望できる。
小別沢鉱山跡コース

 アクセス
 小別(こべつ)沢線沿いに小別沢会館があり、その反対側の道に入る。会社の構内のような状況の道を奥に進んで行き、駐車スペースを見付ける。
  国土地理院地図  GPSトラックは山の地図帳「2012.12.3」へ  周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 12月3日 <2012(H24)年(月) ツボ足 登り52 下り32 >
 盤渓林道の沢沿いに駐車スペースを見付けて、盤渓林道の入り口から山に向かう。林道沿いには樹種の名前を書いた札が打ち付けられていた。真っ直ぐ延びる林道を辿って行くと、広場になり左側に荒れた林道が分岐する。そのまま、真っ直ぐ登って行くと鉱山跡の建物が現れる。大きな方の建物からタヌキが顔を出す。
盤渓林道から 標識(大×) 林道を 鉱山跡
 タヌキを見ようと近づいて行くと、頭を隠して尻隠さずの状態で困っていた。フラッシュの光で、驚いて床下に脱げてしまう。仕方がなく、林道に戻って登って行くが尾根が透けて見えてくると、左側に方向を変えトラバオース気味に登って行く。林道からは百松沢山と神威岳が見えて来る。林道の法面には柱状節理のような岩が顔を出す。
タヌキ トラバース 百松沢山 岩が
 砥石山も見えて来る。道端には赤い実が綺麗に見える。林道は遊歩道から登って来る尾根道に合流する。尾根道を登って行くと山頂が見えて来る。
砥石山 赤い実 尾根道へ 山頂
 山頂に上がると、樺戸山地、芦別岳、夕張岳のパノラマが展開していた。眼下には三角山、荒井山、神社山、円山、藻岩山が見える好天に恵まれた。
                     ←大
      三角山 樺戸山地         芦別岳 夕張岳                   神社山 円山
 真っ白なピンネシリと隈根尻山、芦別岳、夕張岳が望まれ、札幌の郊外にはモエレ山も見えていた。
ピンネシリ・隈根尻山 芦別岳 夕張岳 モエレ山
 市内にはテレビ塔がビルの谷間状態で見えていた。頂上で円山をバックに記念写真を撮す。最後に荒井山を見て下って行く。帰りがけ遊歩道の入り口に立っている自然遊歩道の看板を見ると、鉱山跡の林道は一般道として記載されていた。
テレビ塔 頂上(大×) 荒井山 自然遊歩道
小別沢遊歩道コース

 アクセス
 小別(こべつ)沢線沿いに小別沢会館があり、その反対側の道に入る。会社の構内のような状況の道を奥に進んで行き、駐車スペースを見付ける。
 2月11日 <22001(H13)年 スキー 登り55 下り46 >  北の山游詩:スポットライト札幌の街
 つぼ足で登ったかなり前の足跡があったが、スキーで登ったのは私たちだけのようだった。尾根取り付きの看板前と、尾根の急登はシールを付けていても真っ直ぐに登ることはできなかった。
                     ←大
 三角山            荒井山               神社山(手前)    円山 
 尾根道の急登手前で鹿が山頂方向から下りて来て、慌ててひき返した足跡が頂上まであり、我々が追いかけた格好になったので、ちょっと困ったようだ。風紋(シュカラブ)や雪庇も小さいながらあった。
 頂上は狭いので、スキーを落とさないように慎重に雪に刺した。頂上に座って、ビル座同定して楽しんだ。我々で奥三角山、いや札幌を独り占めだった。帰りはスキーで滑り降りるには急で木もあるので、びびりながら下りた。
 最初のコブにも寄ってみたが、五天山の採石後がなんとも哀れな姿でに見える。
宮の森シャンッエを望む 頂上(大×) 途中で五天山を望む
 =奥三角山の名前=
 2002年12月7日に加藤さんが奥三角山へ行ったときに、山頂標識があって、「よこして山」と書かれていたということです。もともと、奥三角山も札幌の山々に記述されていますが愛称です。どちらが良いでしょうか?私は奥三角山かな?

山行記録冬山2   次三角山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2012(H24)年12月3日(月)晴れ ツボ足 (登り52分 下り32分)
 
9:42鉱山跡口→10:06鉱山跡→10:31尾根へ→10:34奥三角山10:4611:18鉱山跡口
 2001(H13)年2月11日(日)曇り スキー(登り55分 下り46分)
 14:03遊歩道口→14:58奥三角山15:25→16:11遊歩道口