西野山(240m)

 ポイント
 西野西公園の東手前に駐車場があり、遊歩道が延びている。遊歩道はロータリ部分で西野市民の森遊歩道に繋がっている。送電線の保守道路から山頂に夏道がある。地元の人達の散歩道になっている。
西野西公園コース

 アクセス
 西野西公園の東手前に駐車場があったが、冬期閉鎖中だった。仕方がなく、駐車場の前に路駐する。
 国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帳「2021.1.2」へ 周辺地図
 1月2日 <2021(R3)年 単独 新雪10cm ツボ足 一周2.685km >
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 駐車場から東側に戻って、丸太の階段の入口から登って行く。小さくジグを切って登って行くとコブがあり、男性が景色を楽しんでいた。コブには西区土木部の看板があるが、西野すみれ公園なのか、西野西公園なのかは分からない。コブからは、冬木立越しに市中心部や札幌連山が裏側から見える。コブから尾根道が東に向かって延びている。両側は結構な急傾斜だった。尾根道にも踏み跡があり、歩き易い。
遊歩道 コブ コブから 尾根道
 尾根道の最高地点が特定出来ないまま下って行くと、西野西公園と西野市民の森を繋ぐ遊歩道に出る。出た所はロータリになっている。ここから、西野市民の森に向かって登って行く。道端では、ご夫婦が熱心にバードウォッチングをしていた。邪魔にならないように、挨拶もそこそこにして通過する。峠から鉄塔に向かって登って行くが、スノーシューの跡があって歩き易い。登って行くと、市街地が見えて来て、中心部も望める。鉄塔下から次の鉄塔を目指す。
ロータリ 市中心部 鉄塔下 保守道路を
 二つ目の鉄塔下からは、ネオパラ山、上追分山、西野市民の森の山が見渡せる。煙ってはいるが、石狩湾も望めた。
                               ←大
ネオパラ山               上追分山     西野市民の森の山
 鉄塔下から山頂に向かって夏道が延びている。スノーシューの跡を踏みながら山頂に向かう。山頂からは札幌連山、砥石山が冬木立越しに見えた。山頂には、標識は無いが、倒木がベンチ代わりに横たわっていた。
山頂直下 札幌連山 砥石山 山頂
 山頂からは西側の道を下って行く。下りきると、目の前が開け、センチが丘、寺口山、三角山、大倉山、奥三角山と連なる札幌連山が裏側から見えて来る。
           ←大
札幌連山
 アンンテナ塔から上の道を辿って行くと、札幌連山に連なって、藻岩山の頭、三菱山、五天山、砥石山、百松沢山が望めるようになる。
                     ←大
三角 大倉 奥三角 藻岩山    三菱 五天 砥石山 百松沢山
 西野西公園の東屋からも展望は良いが、目の前の木が大きくなりすぎて、西野の市街地は少し隠れる。
                     ←大
三角 大倉 奥三角 藻岩山    三菱 五天 砥石山 百松沢山
 =山名考=
 山名が見当たらないので、取あえず、西野川の源頭部に位置する山なので、西野山とした。

山行記録冬山1へ   次旧送電線860m峰へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2021(R3)年1月2日(土) 西野西公園コース 晴れ時々曇り 単独 新雪10cm ツボ足 一周2.685km、55分
 
10:31駐車場→10:32遊歩道入口→10:35コブ→10:38尾根最高地点→10:39ロータリ→10:40西野市民の森遊歩道→10:44分岐(左)→10:50鉄塔下→11:00鉄塔下分岐→11:03頂上11:05→11:14電波塔→11:22東屋→11:28駐車場