盤渓山(604m)

 ポイント
 盤渓山の山頂には妙福寺の奥の院跡があり、地図には記載されていない立派な登山道が延びている。奥の院跡の台座には石が積まれケルン状になっている。

 アクセス
 西野真駒内清田線(道道82号)のばんけいスキー場とコバワールドスキー場の間に、妙福寺と盤渓市民の森の看板があり山側に入る。市民の森前に駐車場があり駐車する。
  国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帖「2012.5.1」へ 周辺地図
妙福寺コース
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 5月1日 <2012(H24)年 登り1:07 下り47>
 妙福寺登入口のゲートから舗装道路を登って行くと、直角に曲がる付け根に登山道の入口がある。入口には「火の用心」と彫られた石柱がある。上が円く穴が空いているが、何に使うためのものか分からない。車止めをした入口には「午後4時までに下山して下さい」と注意書きがある。
妙福寺登入口 登山道の入口 火の用心石柱1 入口の注意書き
 林道跡の様な登山道を盤渓川に向かって下って行く。飛び石一つで盤渓川を越えて尾根に取り付く。ヒメイチゲの小さな白い花が目立つが、花時期はまだのようだ。引き続き細い天然木と細い笹原に延びる登山道を登って行く。
盤渓川を 尾根道に ヒメイチゲ 尾根道を
 傾斜が緩くなると妙福寺が細い木立の中に見えて来る。木が茂って来たら見えないだろうと思いながら尾根道を辿って行くと、ようやく、エゾエンゴサクやナニワズの春の花が顔を出す。
妙福寺 尾根道を エゾエンゴサク ナニワズ
 登山道が平らになり出すと火の用心石柱が連続して現れる。方向が北側に変わって山頂を目指して登って行くと火の用心石柱4の所で男性が休んでいた。この男性は、山頂に行かずに帰ると言い、われわれを見送ってくれた。
火の用心石柱2 火の用心石柱3 山頂へ 火の用心石柱4
 エンレイソウを見ながら登って行くと、奥の院跡の台座に辿り着く。山頂の奥には手稲山が見えていた。戻って、奥の院跡の台座の所で記念写真を撮す。
エンレイソウ 奥の院跡の台座 山頂 記念写真(大×)
 山頂は、以前よりも木立が大きくなり、以前の展望が得られないので、山頂を右往左往しながら、一番良さそうなポイントを探す。手稲山方向からは手稲山、ネオパラ山、手稲峰、五天山、三角山、三菱山が望まれた。
                     ←大
        手稲山 ネオパラ山 手稲峰 五天山          三角 三菱山 
 三菱山の右側には小さな西高山、藻岩山が望まれる。
                     ←大
          西高山                     藻岩山
 南側は、一段と木立が大きくなって、三角山、奥盤渓山、砥石山、ワレ山、神威岳、烏帽子岳、百松沢山がすっきりと見えない。
                     ←大
            三角山  奥盤渓山  砥石山           ワレ山       神威岳 烏帽子岳  百松沢山
 東側は札幌ドーム、白旗山、硬石山、野牛山が望まれるが、支笏の山々は霞んでいた。
           ←大
          札幌ドーム          白旗山               硬石山        野牛山
 最後に、山頂の北側の崖を覗いて、下山を開始する。山頂直下を下っていると、登りでは見つけられなかった火の用心石柱4を発見する。途中の尾根道からは三菱山と妙福寺が見えてくる。無事、登山口に着いて、舗装道路を下って行く。
北側の崖 火の用心石柱5 三菱山 舗装道路を
砥石山尾根経由コース
 4月22日 <2001(H13)年 登り1:32 下り1:09>       北の山游詩:お寺の犬
 妙福寺へ行って住職に会い、登山の許可を求めるが却下される。どうやら、うさん臭く見られたようだ。すごすごと帰る後姿が哀れっぽかったのか、住職から小林峠からも行けるよと声がかかった。山頂には行っても良いということなのだろう。
 再び、駐車場に戻り、盤渓青少年キャンプ場(現在廃場)の入り口に向かって左側に延びる林道を目指す。エゾエンゴサクの咲く林道を辿りだすと、なぜか、お寺の犬が先導してくれていた。色々の名前で呼んでみたが、太郎だけが反応した。雪の上を歩くと30分足らずで砥石山の登山道に合流でき、そこから30分位で中ノ沢からの登山道が合流するT4分岐に着ついた。T4分岐に上がると真正面に見える山が盤渓山だった。ここから数分尾根筋の登山道を辿り、入りやすいところから登山道を外れる。途中で札幌ドームを見ながら盤渓山を目指す。
 雪の上を歩いたり、軽い藪漕ぎをしながら辿って行くと、手入れの行き届いた登山道に出る。登山道を登って行くと、岩場の頂上に辿り着いた。山頂に上がると、藤野方向にはイチャンコッペ山、紋別岳、恵庭岳が、その手前に藤野の焼山、藤野富士が見えた。
エゾエンゴサク(大×) T4分岐から 札幌ドームが 支笏湖の山々
 山頂からは展望が良く360°ぐるりと見渡せる。間近に、三角山、奥盤渓山、砥石山、ワレ山、神威岳、烏帽子岳、百松沢山が見えていた。
                     ←大
     三角山    奥盤渓山     砥石山           ワレ山       神威岳 烏帽子岳  百松沢山
 札幌市街を望むと、左手に手稲山、右手に藻岩山、真ん中に三菱山、その後ろに札幌連山がが見える。
                     ←大
手稲山                          三菱山 札幌連山                 藻岩山
 山頂は、北側が崖になっていて、東側や西側を覗くと、結構な崖だった。四角い基礎の上に座り昼食にすと、太郎ちゃんが寄って来て、おにぎり、ゆで卵、カップヌードルの大半を食べられてしまった。
東側 西側 山頂(大×) お寺の太郎ちゃん
 帰りは、頂上から登山道を下り、また来た道を帰る。途中、雪の上はタチグリで滑って遊ぶ。犬も喜んで駆けていた。20分足らずでまた砥石山の登山道へ復帰し、まもなくT分岐を越える。このあたりもエゾエンゴサク、福寿草が咲いていた。
 タチグリで滑って遊んでいると早く下りすぎて、着いたところがダムだった。そこから小川を越えキャンプ場の奥に下りた。この結果、キャンプ場の奥からの方がわかりやすくて良いのではと思った。
 途中で、出会ったカラスは犬を見て「ワウー、ワウー」と鳴いていた。カラスにも変わったのがいるものだ。駐車場に着き、帰るときに犬が見送ってくれた。家へ帰ってから昼食を食べ直す。やれやれ!
 =登山道考=
 立派な登山道があるのだが、妙福寺の持ち物なので、以前は一般の登山者は利用できなかったが、今回、11年ぶりに行ってみたら、登山口に「午後4時登り口/ゲート閉門時間迄に/下山して下さい」と注意書きがあり、開放されていた。一般開放が続くよう、ゴミの回収、ちょっとした登山道の手入れを登山者各自で行って行きましょう。

二人の山行記録もくじ2へ   次三菱山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2012(H24)年5月1日(火) 花曇り 登り1:07 下り47
 9:09駐車場→9:15登山口→9:19盤渓川→9:58火の用心石柱2→10:16頂上10:39→11:17盤渓川→11:20登山口→11:26駐車場
 2001(H13)年4月22日(日) 曇り、晴れ 登り1:32 下り1:09
 9:22駐車場→9:48砥石山の登山道着→10:19T4分岐→10:23盤渓山を目指して右へ入る→10:56頂上11:17→11:36登山道へ復帰→11:44T4分岐→12:09左へ入る。着いたところがダムで、そこからキャンプ場に下りた→12:26駐車場