山の神(750m 三角点:714.6m)

 ポイント
 札幌岳登山道の途中で林道を横切るがその林道を左折し、峠まで行って西側(左手)の尾根伝いに登る。頂上は残念ながら藪だ。三角点は頂上の下にあるようだ。
冷水沢コース

 アクセス
 豊平峡にある札幌岳の登山口から取り付く。夏道でも林道を辿っても行ける。
  国土地理院の地形図 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 2月14日 <2004(H16)年 登り1:38 下り1:04 単独 スキー>
 五明山を目指して、豊平峡の二番通りの奥へ進むと、○○果樹園があり、その入口に関係者以外進入禁止の看板がありすごすごと引返す。この奥に林道があるのだが、個人の持ち物なのでしょうか。途中から取り付こうとしても、藪だらけで、私には無理だった。
 仕方がなく、一番通りに回って、札幌岳登山口に車を停める。札幌岳は人気があるのかもう既に数台停まっていた。

 札幌岳の登山口から林道を上がる予定だったが、夏道にスキーのトレースがしっかりあり、嬉しくなってその跡を辿る。途中沢を数回渡るが、トレースのお陰で、難なく林道に着く。林道には真新しい「冷水小屋⇔登山口」の看板があるが、私は林道を左に折れて峠を目指す。
札幌岳の登山口 春を感じさせる小川 沢を横切る 林道にある標識
 誰も通った跡が無い雪の上にスキーを滑らせながら上って行く。平らな峠に着き、今度は尾根伝いに西に進む。一度710mのコブに上がり、一度下がって登って行く。頂上は細長く、奥にもピークがあるようで、細尾根の藪を辿って見るとどちらが最高点なのか分からなかった。
林道へ 峠から尾根へ 手前の頂上から
 勿論、展望は今一で、僅かに北側が見える程度だった。奥の頂上からは北側の林道が望まれた。頂上よりも、途中の尾根から採石あとが白く見える藤野富士や砥石山が望まれる程度だった。
奥の頂上から 細尾根を帰る 途中の風景(左の白:藤野富士、右:砥石山)
 林道から夏道に戻る手前で、沢に落ちたら困るので、スキーにシールを付けて下る。途中、数十人のご一行さんに出会い挨拶が大変だった。折角誰もいない山に来たつもりなのに一気に街角のようでした。

山行記録冬山へ   次山田峰へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2004(H16)年2月14日(土) 単独 スキー 曇り 冷水沢コース 登り1:38 下り1:04
 9:22登山口→10:15林道分岐(左へ)→10:37峠→11:00頂上11:09→11:28峠→11:43林道分岐→12:13登山口