ウサクマイ遺跡群(49m) 烏柵舞水道橋

 ポイント
 夏草が生い茂っている時期に、ハイキングスタイルでは、遺跡の中の遊歩道に入ることは難しい。

 アクセス
 支笏湖から支笏湖通(国道16号線)を千歳に向かって走ると、蘭越で千歳川に架かる烏柵舞橋を渡る。直ぐに、サケマス孵化場への道が分岐する。
  国土地理院の地形図 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 国道とサケマス孵化場へのY字路の真ん中に、看板があり、遺跡群の全容が分かるが、遺跡の大部分には行けないようだ。一番南側の千歳川沿いのC遺跡だけが、見学路があるようだ。
 早速、C遺跡に向かってダート道を走って行こうと思ったら、自転車道路沿いに、「烏柵舞水道橋」の看板が見えて来る。一旦、停って橋を見に行く。
Y字路 道路沿いに看板 橋の説明 水道橋
 再び、C遺跡に向かって走ると、千歳川の清流を渡ると、直ぐに、藪の中に看板を見つける。近づいて行くと、入口の看板も見える。しかし、夏草に覆われた入口を、ハイキングスタイルで入るには装備不足に感じた。長靴も用意はしてきたがそれだけでは不安だった。
 愛棒は直ぐに、キャンセル宣言を出す。仕方がなく、道端から藪の中を覗いて変える。
千歳川 看板が 看板の説明 道端から
 訪問時期は、春先か初冬がベターと思われる。

散歩路もくじ3へ   次水明郷へ  北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録 (遊びの時間含む)
 2011.7.28