水明郷 王子製紙第一発電所

 アクセス
 支笏湖から支笏湖通(国道16号線)を千歳に向かって走ると、直角に曲がる角に入口があり、無料駐車場がある。
  国土地理院の地形図 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 水明郷の一角に、王子製紙の第一発電所があり、一般公開しているので訪れた。駐車場から見学者通路の入口があり、中に入ると、鳥居が見えたので、近づいて見ると、祠があり、向かって左に水神、右に山神の碑が鎮座していた。オンコの並木道になっている見学者通路を奥に進んで行く。
水神 山神 水松の並木
 調整池が現れ、橋が架かっていた。橋の上は金網でガードされていたが、上流と取水口が見える。橋を渡り切ると、広場の一角に案内板がある。早速、下を覗くと水圧管と発電所が見えていた。
調整池の上流 取水口 案内板 水圧管と発電所
 広場からは、秋の紅葉が素晴らしいという、千歳川沿いの台地に森が広がっていた。その後ろに、紋別岳865.6m、756m峰、三角点:滝ノ上410.1m、386m峰が並んでいた。
                     ←大
        紋別岳865.6m 756m峰 三角点:滝ノ上410.1m 386m峰
 広場の一角には鈴木梅四郎翁頌徳碑があり、碑文を見るが、難解だった。幸運にも解説板があり、碑文の全文が記されていた。碑側には「東京青山/石勝刻」と刻まれていた。建立年月は昭和35年9月だった。
頌徳碑 碑文 解説板 碑側
 

散歩路もくじ3へ   次インディアン水車へ  北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録 (遊びの時間含む)
 2013.8.8(木)