豊平区の名所旧跡

 ポイント
 こりんとめーたんのまちの魅力発見に豊平29、美園7、月寒26、平岸29、中の島24、西岡福住26、東月寒10、合計151か所載っている。
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
豊平地区(1〜29)
 13 中学校前(中学校前通線) <2015.9.1> 豊平5条2丁目1-1 周辺地図
解説板 東側 西側
 豊平橋南集会所の隣の市営豊平橋南団地2に、解説板がある。
 解説板には「豊平橋から4条通に入り平岸街道に至る約1,300mの道路。昔は旧制北海中学への通学路として、多くの学生たちがこの道を通った。」と記されている。
 26 豊平町役場跡 <2010.8.10> 豊平4条6丁目1-1 周辺地図
石碑 周辺
 豊平村は明治7(1874)年に開村、明治35(1902)年に月寒村と平岸村の2村を合併、明治41(1908)年に豊平町、昭和36(1961)年に札幌市と合併した歴史があるようだ。石碑は新しく、平成3(1991)年10月に建立されたという。
月寒地区(37〜62)
 43 月寒神社境内 月寒2条4丁目1 周辺地図
 月寒忠魂碑 <2015.8.25>
 月寒神社の境内には、忘れ去られたように、ひっそりと石碑が鎮座している。石碑には解説板が添えられている。
忠魂碑 解説板 石碑 碑陰
 開町五十年記念碑・59吉田善太郎功労碑 <2015.8.25>
 いずれも、大正時代に建立された石碑で、開町五十年記念碑と吉田善太郎功労碑が並んでいる。
並んだ石碑 記念碑 功労碑 解説板
 月寒開基百年之碑碑 <2015.8.25>
 昭和45年9月に建立された石碑で、解説板も添えられている。碑文は陽の光で見えにくいが、しっかりと刻まれている。碑陰には明治4年に月寒草分移住者44戸の氏名が刻まれている。
石碑 解説板 碑文 碑陰
 45 月寒公園 月寒2条4丁目1 周辺地図
ボート池
 月寒神社の下には、ボート池があり一周できる。
 北光星第八句碑 <2015.8.25>
 月寒公園の一角には北光星第八句碑が鎮座している。平成12年6月25日建立と刻まれている。
句碑 解説板 碑文 副碑
平岸地区((63〜91)
 63 軟石門柱 <2015.8.25> 平岸6条15丁目  周辺地図
 個人住宅の門として使われている。
門柱 解説板 朽ちた蝶番
 79 坊主山(64m) <2015.8.25><2010.12.6> 平岸5条11丁目 ぼうず山公園 周辺地図
 坊主山には推定樹齢100年を超えるホオノキがあると言うので、一番高そうな所を目掛けて上がって行く。山頂は長い石垣で囲まれているので、石垣の切れ目から山頂に上がろうと思ったら、ここも石垣とフェンスでガードされていた。仕方が無く、石垣沿いに辿って行くと。「坊主山公園」のプレートが出てくる。公園沿いに下がって見ると、坊主山の全体が見えて来る。坊主山だと確信して、公園の一番高い所を目指すと東屋があった。
ホオノキ 公園のプレート 山の全体 東屋
 東屋からは藻岩山、奥三角山、円山、市街地が一望できる。角度を変えればテレビ塔やJRタワーなども探せる。
                     ←大
        藻岩山               円山                                 JRタワー('10)
 
           ←大
              藻岩山              奥三角山 手稲山('15)
 肝心の東山遺跡と湧水跡がどこにあるのか探せなかった。
 80 ピラ・ケシ・イ <2010.12.6> 米里行啓通 平岸1条3丁目 周辺地図
看板
   ピラ・ケシ・イ
 平岸の地名はアイヌ語の「ピラ・ケシ・イ(崖の・
尻の・ところ)」からつけられたという。昔、豊平
壁であった崖は、精進川の滝の上流から、精進
川に沿って北海道さけ・ます孵化場の下流まで
続く。

平岸地区とよひら”ふるさと再発見”委員会・札幌市豊平区
 道端に、看板がある。
 81 天神山チャシ跡 <2010.11.18> 平岸1条18丁目1 周辺地図
チャシ跡
 天神山はアイヌのチャシ跡で、約5千年前の縄文文化中期頃遺跡でもある。天神山の別ページあり。

散歩路もくじ2へ     次天神山へ    北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2015.9.1 2015.8.25 2010.8.11 2010.12.6