とうや・水の駅(標高85.8m)

 アクセス
 洞爺湖の西湖畔に延びる道道578号線(洞爺虻田線)の北に位置する道路沿いにある。
  国土地理院の地形図  周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 とうや・水の駅には与謝野鉄幹と晶子の歌碑がある。桟橋近くには波遊(折原久左ェ門作)がある。
水の駅 与謝野文学碑 波遊 洞爺湖と中島
 
            寛
 船つけバ
   向洞爺の桟橋に
 並木を出でて
   待てるさとびと
            晶子
 山畑にしら雲ほどの
     かげらふの
 立ちて洞爺の
  梅さくら咲く    

   
門下 西村一●書
 北大文武会での講演を主なる目的とし
て来道した与謝野鉄幹・晶子夫妻が帰路
洞爺湖温泉に2泊・ホテルの小型蒸気船
で湖中の三山を巡り洞爺村に遊んだのは
昭和6年6月4日のことでした。
晶子は当時の模様をえぞ桜・紅梅・野生
花あやめなどの花が新樹の色と照映し、
湖畔の水は緑玉と紺青とに澄んでいたと
書き、北海道中例の少ない楽園郷のよう
であると述べています。
昭和51年6月4日洞爺観光協会の手に
よって建立されました。
    洞爺観光協会

散歩路もくじ3へ   次浮見堂へ  北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2009.9.9