十勝岳石碑群(標高930m〜1070m)

 ポイント
 吹上温泉から望岳台の間に遊歩道(登山道)が延びて、その間に石碑が点在している。
  周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 十勝岳爆発記念<2010.9.8>   国土地理院の地形図
レストハウス 石碑
 十勝岳望岳台レストハウス前の駐車場の一角に、潅木埋もれた石碑が建っている。建立年月日や碑文は見当たらないが、新しそうだった。 
 大正大爆発丸谷温泉遭難者慰霊碑<2010.9.8>   国土地理院の地形図
 望岳台から十勝岳へ延びる登山道を登って行くと、望岳台のケルンがあり、その少し上に潅木に覆われかけたケルン風の石碑がある。近づいて碑文を見ると「大正大爆発丸谷温泉遭難者慰霊碑」だった。明治に開業した温泉が、大正15年5月24日の大噴火で消滅した顛末が書かれている。建立したのは50年後の昭和50年5月24日と書かれていた。その傍に、十勝連峰の鳥瞰図が添えられている。
ケルン 慰霊碑 碑文 鳥瞰図
 九条武子歌碑<2002.9.16>   国土地理院の地形図
歌碑
たまゆらにけむり   武子
  おさめてしずかなる
    山にかへれば
       美るにしたしも
 吹上温泉から登って行くと、望岳台が望めるようなる場所に佇んでいる。碑文は達筆で読めなかったが、帰ってから調べてみた。
 十勝岳爆発記念碑<2002.9.16>   国土地理院の地形図
記念碑
 山の中にぽつんと佇んでいる石碑があり、十勝岳爆発記念碑と彫られている。
 長谷川零餘子の句碑<2002.9.16>   国土地理院の地形図
句碑 説明板
 吹上温泉のキャンプ場の一角に、句碑があり、傍に説明板が添えられていた。

散歩路もくじ5へ    次樹海峠へ    北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2010.9.8 2002.9.16