住吉神社(84m)     

 アクセス
 札幌方向から神社を通り越して直ぐ左折し、坂を上がって行くと、駐車場があり、明治元年創建の神社境内に入ることが出来る。
 国土地理院地図  周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 住吉神社社務所<2011.8.17>
社務所
 戻ろうと思ったが、社務所の前に看板があるので近づいて見た。
 英語、ロシア語、中国語、韓国語でも解説されているが、昭和9(1934)年に建築されたようだ。よく見ると、車寄せの屋根は丸みを帯びた唐風で、その上にある母屋の屋根は和風に見える。
 松尾芭蕉の句碑<2011.8.17>
玄関
 「●せ●翁/梅が香に/乃つと/日の出る/山路哉」と刻まれていようだが、私には、ほとんど読むことが叶わない達筆だ。
 「●せ●翁」は「はせを翁」なのだろうか。末尾にも、文字が刻まれているが、掠れて判読はでき無い。碑裏にも文字が刻まれていたようだ。
 小樽の句碑歌碑の中で最も古い碑だと言うので納得する。
 田中五呂八句碑<2011.8.17>
句碑 趣意書
 この句碑も、私には、ほとんど読むことが叶わない達筆で「人間を/掴めば/風が/手にのこり/五呂八」と刻まれていると、小樽市の文学散歩に記載されている。
 碑裏に刻まれている趣意書を見ると、平成5年5月23日建立されたようだ。
 包丁塚<2011.8.17>
石碑 碑文
 昭和61年10月15日に建立された割には、手入れが行き届いていて綺麗な石碑だった。 
 せたけ石<2014.7.14>
せたけ石
 小樽の女性が2011(H23)年9月寄贈したようです。碑文には《「子は国の宝」/大神様にこども達の成長を/見守り戴き、今後益々の育成/向上を念ずるものです。/また「世()け」とも言い、/万人の長寿長命をも祈念する/ものであります。/年毎に成長して行くお子様の姿を/心に刻み残す事が親の務めと考え/ます。》と刻まれている。
 例大祭<2014.7.14>  
 7月14日(月)〜16日(水)に行われたお祭りです。鳥居の横にも、鳥居の中にも夜店が並んでいました。
鳥居の横 鳥居 鳥居の中
 夜店がなくなり、御社殿に向かうにしたがい人が疎らになってきました。階段を上がると、御社殿になり、子供の巫女が踊っていました。
参道を 階段を 御社殿が 御社殿
 

散歩路もくじ1へ   次旧小樽市街へ    北の探歩訪へ 

 二人の散歩路記録
 2014.7.2011.8.17