白銀の滝                        

 ポイント
 トイレがあるので、山行の途中で利用できる。
  国土地理院の地形図 周辺地図 
=写真をクリックすると大きなサイズになります=







 看板の由緒書
 この滝は暑寒別、天売焼尻国定公園内の暑寒連峰の山肌を伝い、流れるせせらぎが、岬の急斜面に壮大な水しぶきとともに、幾千もの銀の柱となって日本海へと、流れ落ちており、国道開通記念に、白銀の滝と命名した。
 地図では千代志別から、三角点「峠:491.5m」を越えて雄冬山道が滝の上に付けられている。この崖をどうやって下ったのか不思議ったが、以前には滝の上に橋があり、その橋からトイレに向かって道が付いていたと言う。トイレのところには道路の石組みが確認できるようなので、次回探してみようと思う。
滝の上部(橋があった) 滝の看板(上に道の跡?)

散歩路もくじ5へ    次浜益の名所旧跡へ    北の探歩訪へ

 二人の登山記録
 2007.3.31(土) 晴れ