支笏湖氷濤まつり
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 2月7日 <2014(H26)年>  国土地理院 周辺地図
 冬期間無料の駐車場に車を入れ、氷濤まつりの会場に向かう。ウエルカムゲート(会場の入り口)には受付があり、祭りの続行を願って寄付を募っていた。一人100円を寄付して、中に入れてもらう。会場に入ると、直ぐに氷濤神社があり、鳥居をくぐると、コインが壁一面に張り付いていた。
ウエルカムゲート 受付 氷濤神社 お賽銭
 広場の滑り台を見ながら、ブルーシャトーの入り口を目指す。中には天井が無く、階段を登ると西部劇の砦のような感じだった。目の前にはビックマウンテンが見えていた。
滑り台 ブルーシャトー ブルーシャトーの入り口 ビックマウンテン
 ブルーシャトーからは、恵庭岳をバックに氷柱群が林立する会場が一望できた。ブルーシャトーから下りて、スキートリンクを眺めながら、ビックマウンテンに向かう。
会場 リンク ビックマウンテン
 スケートリンクの所に、案内板が建っていた。ビックマウンテンの中に入り、青空を見上げる。湖底の散歩道は進入禁止だったので、一旦外にでる。苔の洞門の入り口から入り直す。どうやら、半時計回りに巡るのが正解のようだ。
案内板 ビックマウンテンの中 一旦外に 苔の洞門
 苔の同門の入り口から外を振り返り、苔の同門の中を辿って行く。苔の同門らしく、緑色の照明が凍りに染みて綺麗に見えた。
入り口から外を 苔の同門
 今度は、一転して透き通った青い空間になり、湖底の散歩らしく、魚が泳いでいた。再び、ビックマウンテンから外にでる。帰りの支笏湖は樽前山、風不死岳をバックに、山線鉄橋も見えていた。
湖底の散歩 樽前・風不死岳

   散歩路もくじ3へ   次巨木の森へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2014.2.7