千尺峰(495.5m)聖火台(471.2m)

 ポイント
 札幌オリンピック遺構を繋げて楽しめる。展望も良い。

 アクセス
 テイネスキー場の聖火台駐車場を目指す。
国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帳「2022.5.6」へ 周辺地図

=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 5月6日<2022(R4) 単独 一周3.573km1:43>
 聖火台駐車場に停めて、ボブスレーコースをを辿って千尺峰へ登って行く。山麓線から離れて中に入って行くと、ゴールハウスの土台が見えて来る。山麓線沿いにあるアップヒルは藪で見えないが、ボブスレーコースは藪にはなっていなかった。カーブに設置されたブロックの壁を数えながらコースの中を辿って行く。コース内では、こじんまりとエゾエンゴサクがさいていた。
聖火台 ゴールハウス土台 壁L エゾエンゴサク
 コース外の藪の中には電光掲示板が見えていた。暫し、カーブの壁を眺めながら登って行く。残雪のある所は、歩き易いので楽をする。
壁K 壁J 壁I 壁H
 コースを照らしていた照明器具は錆びついてはいるが要所要所にある。突然、コースを横切る作業道が現れる。所々にあるササ被りは植木ばさみで切って行く。
壁G 壁F 作業道横断 壁E
 コース沿いに、水を湛えた貯水池が見えて来る。中間ハウスは跡形も無いが1本の煙突だけが立っていた。この辺りに配電盤があったはずだが見当たらないが、潰れた三角小屋はあった。
貯水池 壁D 中間ハウス 三角小屋
 また、オリンピックで使える時が来るかと期待しながら、女子コースが分岐する所に咲いていたエゾヤマザクラを眺める。女子スタートハウスは素通りする。
分岐 エゾヤマザクラ 壁C 壁B
 二か所だけ藪が濃くて、ササ刈りがたいへんなので、保守道路を迂回する。スタート地点が近くなったら、小屋の残骸があった。
藪に 壁A 壁@ 小屋
 スタート地点は両側に縁石のある舗装道路の様になっている。千尺峰に着いたら、ピークのササを刈って、見晴らしを少し良くする。石狩湾は残念ながら霞んでいたが、手稲山や星置山、鐘の丘、星置山北峰、奥手稲山は青空の下に真っ白な雪を被った姿を見せてくれていた。
スタート地点 山頂 手稲山 星置・奥手稲
 千尺峰から白樺ロマンスコースを下って行くと、オリンピア遊園地(休園中)や手稲山が良く見えていた。ウォータージャンプはまだやっていないようだ。白樺平のスノーメイプルから白樺サンダンスコースを登って行く。
オリンピア遊園地 手稲山 白樺平 白樺サンダンス
 白樺サンダンスコースには白樺林をバックに、エゾヤマザクラが咲いていた。ピステを横切るゴーカートコースを横切り、聖火台を目指す。
エゾヤマザクラ ゴーカートコース 桜と聖火台 聖火台
 聖火台から石狩湾を眺め、銘板や細かく割れた石板を見る。地べたにあった2本の竹竿を使って、聖火台の上に上がる。上がると同時に、風が吹き出し帽子が飛ばされそうになる。
聖火台 石狩湾 銘板 聖火台の上
 聖火台の上から穴を覗いて、石狩湾を眺める。下りて、聖火台と手稲山を眺める。銭函天狗山も見えていた。
石狩湾 聖火台と手稲山 銭函天狗山
 早々に、聖火台オーシャンダイブを下る。途中に、ゴーカートコースのコースを横切る。改めて、ゴーカートコースが聖火台を回っていたのを認識する。転がり落ちないようにオーシャンダイブコースを下って行く。ピステの横に、小さなシャンツェを見て、恐竜のいる駐車場に下りる。
ゴーカートコース オーシャンダイブを シャンツェ 恐竜
 

二人の山行記録もくじ1へ   次千尺峰へ   アソビホロケール山へ

 山行記録 
 2022(R4)年5月6日(金)
 晴れ 単独 一周3.573km 1:43
 7:55聖火台駐車場→7:57ボブスレーコース→9:04千尺峰9:12→9:23白樺平→9:34聖火台9:429:54聖火台駐車場