ポンベツ川流域自然探勝路(入口160m) 

 ポイント
 ポンベツ川の流域に透見の滝、白糸の滝、ポンベツの滝、上泉川(ポンベツ川の右又)にそうめんの滝等があり、川沿いには探勝路が伸びている。入り口は上流の「ポンベツの滝入口」、下流の「透見・白糸の滝入口」の2か所ある。この探勝路は自然が一杯だが、ハイキング気分では無理で、川へ落ちても良い装備が必要だ。スズメバチにも十分気を使う必要がある。
ポンベツの滝入口コース
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 昆布岳登山後に、道道914号線沿いに看板があり寄ってみた。
 国土地理院の地形図 GPSトラックは山の地図帳「2005.9.19」へ 周辺地図
案内板
 9月19日 <2005(H17)年 途中撤退>
川へ下る 発電の渕へ
ポンベツの滝入り口から入り、林道から急な道を川へ下る。ポンベツの滝へは、まず、上泉川に架かる丸木橋を渡り、発電の渕へ行く。発電の渕には石垣や橋脚と思われる構築物がある。
 ポンベツの滝へは河岸の岩場を辿ることになるが、岩の上から水が流れ落ちていて苔が生えていて結構滑る。掴む草も無く川に落ちたらずぶ濡れになるので止める。
 次に、そうめんの滝へ行くために上泉川を遡る。ここには段違い平行棒のような丸木橋があり、苔で滑りそうなので愛棒は敬遠し、私一人で行けと言うが、大人しく元来た道を帰る。
 林道の出口に差し掛かると、愛棒が大きなハチがいると言う。何処だとひょっと顔を愛棒の後ろから出すと、スズメバチが一直線に後ろの私に向かって飛んでくる。私は持っていた団扇で一生懸命スズメバチを扇ぎ飛行不能にして遠ざける。その間、猛ダッシュしてその場を去る。それにしても、1匹だったので命拾いをした。愛棒を一人で帰さないで良かったとつくづく思う。
発電の渕 ポンベツの滝へ そうめんの滝へ 上泉川

二人の山行記録もくじ3へ   次小花井山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2005(H17)年9月19日(月) 曇り 途中撤退
 13:07入口→13:22発電の渕→13:27引き返し→14:00登山口