小樽毛無山(548.2m:三角点名「毛無山」)

 ポイント
 国道393号線で北側(旧国道)と南側(新国道)が削られた山。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 国道393号線を「赤井川村」に向けて上がって行くと、「毛無山展望所」がある。更に、上がって行くと半分切り通しで削られた「毛無山」があり、通り過ぎるとその付根に旧国道跡がある。道の反対側に建物の建っている駐車場がある。
 国土地理院の地形図 GPSトラックは「山の地図帖2009.6.22」へ 周辺地図
 旧国道の入り口から防雪フェンス沿いの尾根道を上がって行く。尾根道は雪崩防止柵を留めているアンカーボルトが埋められた作業道だった。アンカーボルトやワイヤーに足を引っ掛けないように辿って行くと、作業道は下り出す。今度は痩せ尾根の作業道を辿って行く。風が強いので飛ばされないように木に掴まりながら辿って行くと、愛棒から電話が入る。少し遅いので痺れを切らしたようだった。途中から朝里市街や海が見え出す。最後は林の中になり登り切ると防雪柵の前に三角点が見えた。
旧国道跡 尾根道 朝里が 防雪柵の前に
 三角点と木で作った標柱があり、無事、三角点に到着する。直ぐに、引返すが、ループの朝里大橋が見え、タニウツギも咲いていた。尾根にはワラビが数本あり、愛棒のお土産にする。
三角点と標柱 三角点 朝里大橋 タニウツギ

 =毛無山考=
 今は廃校となった「東山中学」で美術を教えていた小林先生が毎朝、玄関のところで「毛無山」を満足げに眺めていたことが思い出される。
 今まで、「毛無山」だと思っていた山が「上二股峰山」と呼ばれていることを、HYML仲間の神野さんのご指摘で分りました。

二人の山行記録もくじ1へ   次上二股峰山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2009(H21).6.22 曇り