オタナイの沼(4m)

 ポイント
 誰も訪れない忘れ去られた場所で、時間が止まるようだ。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 国道337号線(道央新道)の第一新川橋の袂から、新川の右岸沿いの道を北上する。
 国土地理院の地形図  周辺地図
 新川右岸沿いの砂利道を進むと、放置されてしまった小樽内橋があり、これが都会の中の橋なのかと不思議な気持ちで見る。この橋は、元は半分木造で、車で通るとガタガタ音がして怖かった。今は、木造部分が取り壊されている。橋の延長線上には「石倉山」が見える。新川の河口まで行って振り返えると手稲山が見え、河口内ではモータボートが黒煙を上げ唸っていた。河口からは小樽を望むことが出来、北側の海岸線の延長には自衛隊のレーダサイト「阿蘇岩山」が見える。
未完成の小樽内橋 新川河口 小樽を望む 阿蘇岩山を望む
 河口からは、奥手稲山、銭函天狗山、春香山、和宇尻山、第二吹上、吹上、石倉山、塩谷丸山、小樽港、赤岩山と連なって見える。海岸はゴミだらけで、テレビまで捨てられている。砂浜で、昼食と思っていたが、汚さと臭さで早々に立ち去る。これでは、シャケの遡上は幻だと思う。
                     ←大
   奥手稲山      銭函天狗山  春香 和宇尻   第二吹上 吹上 石倉山 塩谷丸山 小樽港 赤岩山
 砂丘に上がって「オタナイの沼」を探すと、線の様に見えていた。沼を目指して、小樽内橋の近くまで戻る。道は2本あり、その北側の細い方へ入る。道が荒れてきたので、自転車を置き、徒歩で進むと、T字路になり、左へ入る。道端には、草で覆われた石碑「オタナイ発祥の地」があった。傍に行くと碑文には「此の地は原名をオタナイと云い石狩町樽川発祥の地である。石狩湾新港建設に関連して小樽市に編入された・(有志の名)略・・・・昭和六十年十月建立」と記され、その裏に詩が刻まれていた。その傍にユニークな方向台がありゼニバコ、オタル等の地名が彫られていた。
オタナイの沼 オタナイの碑 歌碑 方向台
 オタナイの碑を後にして、沼へ近づいて行くと沼の辺に下りる道があり下りて見る。どうやら、沼の西外れの様なので、少し戻って沼沿いの道を辿り、沼の真ん中辺りで「オタナイの沼」を眺める。水面には水鳥が飛び交っていた。海の向うには小樽が望まれる。
                               ←大
オタナイの沼
 沼は少し弓なりになっていて、形状からして河跡湖のようだ。沼の北東側と西側を見て、改めて、沼越しに小樽を眺める。
 帰りの新川沿いの道からJRタワーなどの都心が真正面に見えていた。
沼の北東側 沼の西側 沼と小樽 札幌都心を望む

二人の山行記録もくじ1へ   次奥手稲へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2007(H19)年10月7日