ニセコお花畑(標高770m)  
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 倶知安ニセコ(道道58号)線を走り五色温泉を目指すと、五色温泉の北側にお花畑が広がっている。駐車場は2か所ある。
  国土地理院の地形図 周辺地図
案内版
2011年6月16日
 シーズン中は混み合うので、早めに行ってみたら、まだ、雪の下だった。
湯歩道入り口 お花畑 イワオヌプリ アンヌプリ
2011年8月22日
 五色温泉口
 五色温泉の前庭から、ニセコアンベツ川に架かる板の橋を渡り、丘に上がると階段状の木道が続いていた。木道の上にはバッタが日向ぼっこをしていた。
五色温泉 アンベツ川 木道 バッタ(大×)
 休憩所口
 休憩場とトイレの間に駐車場から五色温泉橋が架かっている。渡りきると、展望デッキがあり五色温泉の全貌が望める。
駐車場 イワオヌプリ 五色温泉橋 五色温泉
 展望デッキから少し山側に辿って行くと、ニセコ神社の鳥居が見えて来る。
神社 歌碑
 境内には歌碑があり、「山を恐れず/山を畏れよ/山を愛し/山に逝く/これまた人生/と書かれた地質学者佐々保雄北大名誉教授の歌碑がある。碑文の左袖にはスキーの図柄、右の袖にはニセコ山系歩道案内図が配置されている。
 碑裏には平成5年6月に遭難者遺族有志、北海道山岳連盟、ニセコ町観光協会が建立したと刻まれいてる。
 お花畑入口
 枯れ沢になっているニセコアンベツ川を渡ると、直ぐに分岐になるので、右の道に入る。石畳の道端にはヤマハハコやヤナギランが咲いている。
お花畑入口 石畳 ヤマハハコ ヤナギラン
 石畳の道が石段に変わり、登りきるとシラタマノキやアカモノの実が紅白に散らばっていた。
石畳 石段 シラタマノキ アカモノ
 ガンコウランの実は真っ黒なので、目立たない。広場に出ると、登山届け用のポストが見えてくる。広場からはモイワ山をバックにした五色温泉が見える。広場から急な石段を下って行く。
ガンコウラン 広場へ 五色温泉 石段を下る
 下りきると、広場になり五色温泉の源泉の谷が広がっていた。
           ←大
源泉の谷
 下って行くと、休憩所の近くの展望デッキにでる。展望デッキから石畳の道を引き返し、ニセコアンベツ川沿いに延びる木道を辿って行くと、ミズチドリの花が咲いていた。最後に、お花畑の駐車場に出る。
石畳を アンベツ川 木道 ミズチドリ

散歩路もくじ4へ   次大湯沼へ  北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2011年8月22日(月) 2011年6月16日(木)