石狩の碑
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
花畔(ばんなぐろ)神社境内 札幌北部(札幌)  周辺地図
 石狩湾新港の工事で、花畔神社に疎開した感がある新旧の石碑群
 移住記念碑 <2011.7.7>
樽川神社 碑文 追記
 石川県から明治27年4月6日に移住してきた記念に明治32年9月8日に建立し、昭和47年10月5日に石狩湾新港用地(10線6号)から移設したようだ。
 創田之碑 <2011.7.7>
石碑 碑文 副碑
 昭和3年に初めて水田作付けして、記念に昭和5年9月3日に建立したが、昭和47年の石狩湾新港の工事で、昭和47年10月5日に移設したようだ。
 花畔開村五十年記念碑 <2011.7.7>
石碑
 建立年は紀元二千五百八十年とあり、西暦表記では660年引くので、1920年となる。従って、花畔村は1870年に開かれたことになる。
 開拓碑 <2011.7.7>
石碑 碑史
 碑裏には昭和60年8月建立と彫られている。碑史も嵌め込まれている。明治4年に岩手から入植した歴史が刻まれている。
 石川県開拓百年碑 <2011.7.7>
樽川神社 石碑
 碑史を見ると、石川県人の入植は明治二十七(1894)年で平成6年4月で百年になるのを記念して建立されたようだ。
 明治卅七八年戰役記念碑 <2010.12.22>
石碑 碑裏 碑裏
 明治37〜38年にかけて起こった日露戦争の寄付の記念碑で、明治40年9月10日に建立され、昭和58年9月13日に改装されたようだ。
 戦没者慰霊平和記念之碑 <2011.7.7>
 戦没された35名の場所は、アリューシャン、樺太、中国、ガタルカナル、ニューギニア、テニアン、フイリッピン、ビルマ、硫黄島、沖縄、シベリヤピラ収容所と広範囲に及ぶ。特に、樺太の真岡で戦没された方々は昭和20年8月20日で、明らかに終戦後のスターリンの蛮行で亡くなられてしまったようだ。
石碑 碑文
 この碑は平成9(1997)年8月15日に建立されたもので、碑文にもあるように、半世紀が過ぎても戦争の傷跡は当たり前ながら癒えていない。
 国の指導者次第で国民が幸福にも不幸にもなるが、今でも国民に首相を辞めさせる権利がないことを不思議に思う。
 国の指導者は国民のためを思って欲しいと願うばかり。
 土巧組合記念碑 <2011.7.7>
石碑
 花畔土巧組合が昭和6年にかんがい事業を行い、砂地を水田にし、戦後の食料増産を経て、昭和46年の石狩湾新港で終止符が打たれた歴史が刻まれている。
 記念碑は、昭和50年6月25日に建立された。
 馬頭観世音 <2011.7.7>
石碑
 碑裏には、「昭和2年7月建之/花川競馬會」の文字が刻まれている。
樽川神社境内 札幌北部(札幌)  周辺地図
 忠魂碑 <2010.12.22>
樽川神社 石碑
 樽川神社の前を通りかかると、境内から年末年始の準備をしている音が聞えてきた。
 音に誘われて、境内に入ると、右奥に石碑があり近づいて見たが、掠れていて何が書かれているのか分からなかった。
 仕事中の男性に、尋ねてみたら、忠魂碑だと言う。
 開村五十年記念碑 <2010.12.22>
石碑 碑裏
 帰りながら、鎮座している石碑を見て回ると、開村五十年記念碑が目に留まる。碑裏を見ると、昭和九年七月建立と彫られていた。
 樽川村移転之碑 <2010.12.22>
石碑
碑文
 樽川村ハ明治十五年先人ノ入
植ニ依リ開拓ニ着手スルモ湿潤
ト鬱蒼タル密林ニ困窮ヲ極メシ
ガヨク土質ノ改良ニ努メ畑作酪
農水田等幾多ノ変遷ヲ経テ楽土
ヲ建設セリ
 然ルニ昭和四十六年石狩湾新
港地域開発ノ議起ルヤ地域住民
       挙ゲテ地主会を結成
       シ新港実現ノタメ本
       村一部ノ行政区域変
       更措置ヲ執ラザルノ
       止ムナキコトニ同意
       シ併セテ全域ヲ北海
       道ニ供シ協力ヲ致ス
       コトトナル
        ココニ於テ地主会
       長宮野正勝以下相談
       リ新タナ樽川村●●
       シメ●●此ノ地ヲ定
       メ全員協力シテ昭和
       四十八年移転セリ
        昭和四十八年吉日
    石狩町長 鈴木与三郎書
 石狩湾新港を建設するために、石狩川左岸沿いに展開していた樽川村の一部が、小樽市に編入された時に、この地に移転したと言う事のようだ。しかし、昭和48年の建立された石碑なのにカタカナ交じりとはどういうことだろうか。
 開村百年碑 <2010.12.22>
石碑
碑文
  樽川開村百年碑文
樽川村は一八八二年(明治十五年)二月七日
の開村からここに百年を迎えた 劣悪な立地
条件と厳しい自然条件のなかで不撓不屈本村
移住の素志を貫ぬき穀倉の地を築き上げた先
人の苦斗の結晶血と汗の賜が今日の隆昌の基
であることを想起しその労苦と偉業に対し尊
敬と感謝の誠を捧げ心から讃えるものである
 一九七二年(昭和四十六年)第三期北海道
総合開発計画の先導的事業である石狩湾新港
地域開発計画の実施により本村区域の一部が
小樽市に変更され且つ辛酸努力の結実である
土地を北海道に譲渡のうえ農住団地を新たな
永住の地と定め爾来十年を経た今年八月石狩
湾新港に待望の第一船が入港し後背地域の工
業流通地域開発も着々と進展を見ている
この記念すべき年に当り樽川村二世紀の輝か
しい未来に期待し村勢発展の推移を記して後
人に伝えるものである
  一九八二年十月
   樽川村開村百年記念事業実行委員会
 この碑は樽川村の歴史をわかり易く伝えていた。
 供養塔 <2010.6.13> 札幌北部(札幌)  周辺地図
供養塔
 国土地理院の地図に石碑のマークがあり、行って見たら道路に背を向けた格好で南を向いて鎮座していた。
 後ろには、何かを入れるように取っ手も付いている。碑文も建立年なども無いが、周囲は綺麗に草が刈られている。
南線神社境内 札幌北部(札幌)  周辺地図
 開田之碑 <2010.12.13>
南線神社 石碑
 南線神社の入口に、石碑があるので覗いて見たら、開田之碑だった。
 敗戦後の食糧難の時代に、この砂地に水田を造ったと言う。現在は、全くその面影はない。碑裏を見ると33年8月に建立されたようだ。
 町村農場發祥之地 <2010.12.13>
石碑 碑文
 南線神社の入口には、もう一つ石碑があり、近づくと「町村農場發祥之碑」だった。
 明治30(1897)年に町村牧場が開設され、昭和3年、江別に移るまで、ここで営農していたと言うが、現在からは想像もつかない。

二人の散歩路もくじ2へ   次ペケレット沼へ   山の逆路へ

 二人の散歩路記録
 2011.7.7 2010.12.13 2010.6.13