ハマナスプロムナード(標高2m)

 アクセス
 石狩湾新港の樽川埠頭沿いに散歩道が延びている。
 2万5千分1地形図名:札幌北部 (札幌) 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 石狩湾新港は、一般人が近づけないのかなと思っていたら、関係者以外立ち入り禁止のゲート横から車が中に入って行く。中がどうなっているのか気になり、入ってみたら釣り人の車で溢れていた。
 その一角に、ハマナスプロムナードと彫られたプレートが見えた。どうやら、散策路になっているようだ。散策路は上と下に分かれているので、まず、上の道を辿る。
 途中に簡易トイレがあるが、使われている形跡は無いので、釣り人はどうしているのだろうかと思いながら辿って行くと、道路沿いに植えられたアヤメの花に混じって白い花が咲いていた。
 対岸の花畔埠頭のガントリークレーンが目に入るが貨物船は影も形も無く、閑散としている。
入口 散歩道入口 上の道 ガントリークレーン
 花畔埠頭の先には北ガスのマークの付いた丸いガスタンクが見えて来る。行く手には円く穴の空いた二対のモニュメントが見えて来る。モニュメントが樽川埠頭の突端かと思ったら左に入り江があり、ヨットが二隻接岸していた。その沖に西埠頭があった。西埠頭には長く大きなコンベア状の施設が横たわっている。堆積されているのはウッドチップのようにも見える。
ガスタンク モニュメントが 入り江 西埠頭
 対岸の花畔埠頭の突端には石油タンクも見えるが、船は無く閑散としている。久しぶりに海の中で揺れるコンブを見ていた。ここからは小樽港は見えないのでがっかりする。近くではカメラに収まらないモニュメントを撮すが、解説が無いので何がテーマだったのかと思いながら、中央水路沿いの道を辿って帰る。
対岸の突端 コンブ モニュメント 下の道

散歩路もくじ1へ     次手稲温泉「光風館」へ      北の探歩訪へ 

 二人の散歩路記録
 2007年11月13日