福住北(三角点名:608.9m)               
コース 四国八十八 福  住 住初(未踏)

 ポイント
 旧炭鉱住宅街だが、沢が意外と入り組んでいる。三角点のある山頂は展望がないが、山頂直下からは夕張岳が望める。住宅跡地に桜が整然と植樹されているので、桜の山になるのが楽しみだ。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
福住コース

 アクセス
 夕張メロン城を目指し道道38号線を走る。夕張市街を通り過ぎ、石炭の歴史村公園が近づくと、左側に福住に上がる道路があるが、、ゲート前は除雪されていなかったので路駐させていただく。
 国土地理院地図 GPSトラックは山の地図帳「2017.3.12」へ 周辺地図
 3月12日 <2017(H29)年 往復6.762km 登り2:12 下り49 スキー>
 ゲートの横を通って、除雪跡のある道路を登って行くと、人車跡のような真っすぐな道を繋ぐ橋が現れる。ズリ山を眺めながら鹿の足跡の付いた道を登って行くと、生活感の漂う石垣も現れる。
ゲート 人車跡? ズリ山を眺めながら 石垣
 地図を見ると、公園跡らしい地形があるので、見に行くと三角タワーや小屋があった。引き返して、日差しを受けて輝く雪原を登って行く。道から離れて近道をしようと思うが、地図では分からない複雑な地形なので、大人しく道を登って行く。
三角タワー 小屋 輝く雪 複雑な表面
 登って行く途中、小松と高松に挟まれた石炭の歴史村が見渡せる。冷水山は、意外と遠くに見える。
           ←大
                 小松         石炭の歴史村  高松          冷水山
 朽ちかけた電柱も現れたり、段々畑の様な住宅跡があらわれ人々の生活が偲ばれる。尾根に上がると林道(丁未旭線1号支線)に合流する。分岐から583m峰を目指し支線を下って行くが、地図では広葉樹になっているが、どう見ても暗い針葉樹の森なので、コルから引き返す。稜線を辿って福住北を目指すことにする。途中、ラピュタの巨神兵のようなズリ山が現れる。
朽ちかけた電柱 住宅跡? 林道に合流 ズリ山
 確り、パイプでガードされた幼木が林立する植林地を通過し、一段高い位置にある丁未公園を見ながら、林の中の山頂を目指す。山頂でシールを外し、林道まで滑りだす。林道からは夕張岳が望める。
植林地 丁未公園を 山頂 夕張岳
 丁未公園と小松の間には、真っ白な夕張岳が望める。
                     ←大
               丁未公園                  夕張岳        小松
 帰りは、登りでパフパフだった雪が固まりスキーに引っかかり難儀をする。道路に出ると石炭の歴史村が望める。リスの小さな足跡も見られた。
ズリ山 石炭の歴史村 リスの足跡
コース 四国八十八 福  住 住初(未踏)

山行記録冬山6へ   次鳩ノ巣山へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録(遊びの時間を含む)
 2017(H29)年3月12日 晴れ スキー 往復6.762km 登り2:12 下り49
 
7:43ゲート前9:11林道分岐9:209:55山頂10:04→10:19林道分岐→10:53ゲート前