ふきだし公園(標高240m)

 アクセス
 京極町の西側に位置し、道道478号線沿いにある。駐車場は道の駅「名水の郷きょうごく(名水プラザ側)」と「ふきだし公園(湧水口側)」に広い駐車場がある。
 国土地理院の地形図 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 <2010.11.6>
 1日の湧水量は約8万t(約30万人の生活用水)、水温は年間を通じて6.5℃前後と羊蹄山の恵みが吹き出ている。名水プラザ側も湧水口側も混雑していたので、散策しないで池の辺から遠望して帰る。
                     ←大
ふきだし公園の池
 <2011.2.3>
 名水プラザ前の駐車場から吊橋を渡り、湧水を見に行く。吊橋からは東屋のある小島の浮く池が良く見えて来る。渡りきり、湧水口の道標に従い奥に入って行く。
吊橋 道標 湧水口へ
 湧水口は、川の様な流れでは無く、岩盤からいきなり水が吹き出ていた。
           ←大
湧水口
 湧水口の前には、木道が設置されているが、積雪で閉鎖されていた。岩からも水が噴出していた。手づくり郷土賞のプレートは雪に埋もれかけていた。
湧水口の前 岩からも水が 水飲み場 プレート
 湧水口の上には不動明王が鎮座している。階段の傍には由緒書きがあり、一読して階段を登って行き不動明王を見る。駐車場に帰り、傍にあった公園案内図を改めて見る。
不動明王へ 由緒書き 不動明王 公園案内図

散歩路もくじ3へ   次羊蹄風穴跡へ  北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2011.2.3 2010.11.6