チセヌプリ(1134.2m) チセ沼(1125m 110uと290u) 
コース 神仙沼休憩所 ダム保守道路 東口 湯本温泉

 ポイント
 登り口は、4ルートある。山頂には小さな沼2つある。
 東口(夏山ガイドの北口):一番時間がかからないが、大きな岩が多い。
 神仙沼休憩所:ちょっと遠回りだが、沼を楽しめる。
 湯本温泉:単調な林道歩きがあるが、雪や雨の降った後は水浸しになる道なので注意。下山後、直ぐに温泉が楽しめる。
 ダム保守道路(林道):取り付きとしては味気ないが、観光客と出会わない分静かな登山になる。
 国土地理院の地形図  周辺地図
東口コース

 アクセス
 ニセコパノラマライン(道道66号線)の峠近くに除雪車の旋回場が開放されているので駐車させていただく。 
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 7月7日 <2009(H21)年 登り1:21 下り57>  GPSトラックは「2009.7.7」の地図帖へ
 除雪車の旋回場からは山頂が望まれた。ニセコパノラマラインが開通される前は、この旋回場もニトヌプリに繋がる登山道の一部だったと思う。以前の登山口は道路沿いにあるが、誰も利用しないまま放置され、看板も朽ち果ててしまっている。地べたに置かれた、哀れな鉄板の案内板は、正に登山遺跡と言った雰囲気すらある。登山口」からは平らな登山道が延びている。
山頂を望む 登山口 哀れな看板 平らな登山道
 始めは平らな登山道だったが、岩が目立つようになる。道端にはウラジロナナカマドの花が咲き、白く小さい花びらを落としていた。沢の中では大きな岩が現れるので、這い上がる。
岩が目立つ ウラジロナナカマド 沢の中の岩
 涸れ沢沿いの道から尾根に上がると、一気に展望が開け、双頭のニトヌプリの間からアンヌプリの頭が見えて来る。昆布岳は煙ってはいるが鉤鼻の山頂が見える。暫し、明るい尾根道を辿って行くと、タカネシオガマに蜂が蜜を吸いに来ていた。
アンヌプリの頭 昆布岳 明るい尾根道を タカネシオガマ
 975m付近を登って行くと小湯沼分岐の錆びた道標がある。どうひょうにはチセヌプリとニトヌプリの文字は読み取れるが、小湯沼の文字はない。これも立派な登山遺跡だと思う。この登山道は地図からも消えてしまったが、何時の日にか復活させていただきたいものだと思う。
 青春のノスタルジアを感じながらセンチメンタルになりかけると、アリがせっせと蜜を吸い、ゴゼンタチバナが咲く現実があった。振り返ると、アンヌプリの後に羊蹄山が見え出していた。
小湯沼分岐(廃道) アリ(大×) ゴゼンタチバナ 羊蹄山が
 眼下には銀色の小湯沼が見えて来る。古の登山者は小湯沼から延びる登山道からも来たのかと、再び、センチメンタルになる。振り返ると、ニトヌプリの尾根に岩塔が見えていた。道端にはチシマフウロが咲き、岩場になり出す。
小湯沼 ニトの岩塔 チシマフウロ 岩場に
 上を見ると、秋の雲の様な筋雲が尾根から飛び出して来るようだ。暫し、急登が続きエゾカンゾウの咲く岩場を辿って行く。
秋雲のように 急登が続く 岩場を辿る エゾカンゾウ
 道端にはエゾシモツケの丸い花も咲いていた。小湯沼を良く見ると、舗装道路のヘアピンカーブの直ぐ傍に見えていた。振り返ると、羊蹄山とイワオヌプリがアンヌプリの両端に見えていた。傾斜が緩み出すと山頂が近づいてくる。
エゾシモツケ 小湯沼 羊蹄山が 山頂直下の岩場
 まず、岩の尖った旧山頂に到着する。この山頂の岩に行く道は無いが、真っ直ぐ藪に向かって道が付いている。かなり、迷って辿っているのではないかと思う。顔の様な奇岩を横目で見ながら、左に延びる踏み後よりも登山道らしくない道を辿ると、ハイマツのトンネルに入って行く。中腰で辿らなければならないので、登山道を覆っているハイマツを切って欲しいと思う。
旧山頂へ 旧山頂 顔の様な岩 ハイマツのトンネル
 ハイマツのトンネルを抜けると、山頂に到着する。目の前には、目国内岳や昆布岳もがあるが煙っていた。振り返るとアンヌプリの南峰越しに羊蹄山が煙っていた。
山頂 目国内岳 昆布岳 アンヌと羊蹄
 今日は、愛棒の調子が今一で、三角点の近くに座ってしまう。私が一人で、藪漕ぎしてチセ沼を見に良く。まず、手前の小さな沼に下りて、笹藪の際を歩いて一周する。途中、小さなツマトリソウの白い花が咲いていた。次に、奥の沼に行くがこの沼は一周でみないので、湖畔に佇みイワイチョウの小さな白い花を見る。
手前の小沼 ツマトリソウ 奥の小沼 イワイチョウ
 水面に映る青い空と筋雲を見ながら、風に吹かれる。
奥の小沼
 水辺には白いワタスゲが揺れていた。再び、藪漕ぎしながら山頂に帰る。昼食には時間が早過ぎるので、チセ沼を見て、記念写真を撮し、羊蹄山に向かって下山を開始する。
ワタスゲ 山頂のチセ沼 山頂標識(大×) 羊蹄山に向かって
 再び、ハイマツのトンネルを抜け旧山頂を見る。この山頂はキャンプした跡もあり、岩の隙間には、古からかなりの空き缶が捨てられている。登山者のマナーの悪さの代表として登山遺跡になるのではないかと思う。顔の様な奇岩を横目で見ながら、ニトヌプリ、イワオヌプリ、アンヌプリ、羊蹄山と重なった贅沢な景色を見ながら下って行く。最後に、除雪車旋回場を見下ろすと、ニトヌプリへの道が道路を挟んで見えていた。
旧山頂を後に 顔のような岩 ニト、アンヌ、羊蹄 除雪車旋回場
 =古の登山道考=
 古の登山道の片鱗を探そうと、小湯沼の近くを通るヘアピンカーブから下って見る。カーブの付根にはタケノコ採りの道なのか、古の道なのか分らないが踏み跡あがり、辿って行く。直ぐに、踏み跡が消えてしまうが、沢を下って見る。藪の先には小湯沼が僅かに覗いて来るが、傾斜がきつくなるので帰りを考えて引返す。
 途中、タケノコが目に付いたので、採りながら登って行くと、ポケットに入れたカメラが無い。慌てて、引返すとレンズが出た状態で転がっていた。やれやれと思いながら、道にでると、法面から上に踏み跡がある。分岐まで行く古の道なのだろうか。
 8月5日 <1995(H7)年 登り1:00>
 霧が出て、展望が無い中、岩場を登りだす。おかげで、山頂まで時間がかからずに着いてしまう。山頂のチセ沼も霞んでいた。
登山口(大×) 山頂(大×) チセ沼と(大×)
 青春の一頁
 学生時代には、ニセコパノラマライン(道道66号線)も無く、五色温泉からニトヌプリ経由で登ったと思う。しかし、数十年を経て、再び、チセヌプリの山頂に上がってみると、全く別の所に山頂があった。昔の山頂は何処だろうと、ずーっと思っていたが、ようやく、昔の山頂を見付ける。
山頂(大×) イワオ・アンヌ 現在の空き缶
 嬉しかった反面、古い空き缶が岩の隙間に積み重ねられて捨てられていたことだった。
湯本温泉コース

 アクセス
 岩内方向からニセコパノラマライン(道道66号線)に入ると、崖崩れの恐れがあるため通行止めになっていた。仕方がなく、花園に向かい、倶知安ニセコ(道道58号)線に入り、ニセコパノラマラインに入り直す。ニセコパノラマラインに突き当たり、湯本温泉に下って行き、トイレ付の駐車場に無事到着する。
 9月8日 <2011(H23)年 登り1:59 下り1:25)> GPSトラックは「2011.9.8」の地図帖へ
 青空の下、登山ポストで届出を済ませ、馬場川に架かる仮設の橋を渡ると、「チセヌプリ登山口/大湯沼300m」の真新しい道標が立っていた。最初は笹の背が高いゲレンデの中を登って行く。札幌近郊のスキー場はこれ程のブッシュでは営業できない、流石にニセコだと思いながら登って行く。
登山ポスト 馬場川を 登山口(大×) ゲレンデを
 笹薮には大きなトンボやエルタテハが止まっていた。振り返ると鉤鼻のような昆布岳が望まれる。ゲレンデを登りきると、林の中を辿るようになる。
トンボ エルタテハ(大×) 昆布岳を望む 林の中へ
 林の中は岩が多く傾斜もあり歩き難い。登山道が平らになると、古びた「チセヌプリ/湯本温泉」の道標が出てくる。鉄製の道標を懐かしく思いながら、雨後で水浸しになった平らな登山道を辿って行く。木立越しにチセヌプリの山頂が見えるが、中々すっきりとはしない。道端には「←チセヌプリ/シャクナゲ岳」の道標も立っていた。
古い標識 平らな登山道 山頂を望む 道標
 登山道は、分岐になり、新旧の道標が立っている。中でも、懐かしい鉄製の看板には「長沼・神仙沼/チセヌプリ/湯本温泉/シャクナゲ岳・新見温泉」の表記がある。分岐で、シャクナゲ岳に行くかとうかと協議するが、今日は時間が足りないので、チセヌプリ一本にする。シャクナゲ岳を振り返り、チセヌプリの登山道を登って行く。一息入れながら振り返ると、蘭越平野を流れる尻別川は濁流で水位が上がっているようだった。
分岐 古い標識 山頂を望む 尻別川が
 急傾斜の登山道を登って行くとシデムシが岩の上を移動中だった。登山道が一旦970m辺りで平らになると山頂が見え、振り返ると海に突き出た弁慶岬とその背後に狩場山が見えていた。
急登を シデムシ 山頂が 狩場山を望む
 シャクナゲ岳の高度を超えたと実感しながら、急な登山道を登って行くと、エゾオヤマリンドウが咲いていた。平らな登山道に変わると、山頂標識やケルンが間近に見えて来る。
シャクナゲダケを 急登を エゾオヤマリンドウ 山頂が見え出す
 早速、山頂標識と記念写真を撮す。愛棒は直ぐに、三角点の前で腰を下ろしていた。私は二つの沼を眺め終わると、旧山頂に愛棒を誘う。ハイマツは、綺麗に刈られていて、普通に立って通過できた。ハイマツを抜けると旧山頂が見えだす。以前は岩の上まで行けたのだが、藪が濃くなっていて諦める。
山頂(大×) 沼を ハイ松の中を 旧山頂を
 旧山頂付近からはイワオヌプリ、アンヌプリ、羊蹄山が一望できた。
                     ←大
                         イワオヌプリ  ニトヌプリ 羊蹄山
 岩の上にはコケモモの花が咲いていた。羊蹄山を見ると傘雲(高積雲)が二重にかかっているので、雨になるかと心配になる。岩塔の間から小湯沼を眺めて、山頂に引き返す。少し早目の昼食を済まし、ケルン越しに羊蹄山を見ると、まだ傘雲が掛かっていた。 
コケモモ(大×) 傘雲 小湯沼 ケルン
 山頂から、アンヌプリ、羊蹄山、昆布岳を見渡す。
                     ←大
      アンヌプリ 羊蹄山                       昆布岳
 狩場山、雷電岬、シャクナゲ岳、目国内岳、雷電山、岩内岳と見渡す。
                     ←大
                      狩場山 弁慶岬           シャクナゲ岳 目国内 雷電 岩内岳
 積丹半島は白い雲がかかっていて、雨が降っているのではと思えた。急に、頭の上に影が横切るので、見上げると鷹が飛んでいたが、強風に戸惑っているように見えた。
 帰りは、転がるように下って行くが、アカモノの実を撮していないことに気が付く。足元を見ながら下って行くと、ゲレンデに飛び出し、何時の間にか登山口に辿り着く。愛棒が登山届けに記帳している間、アンヌプリを眺めていた。
積丹半島を 鷹が(大×) アカモノ アンヌプリを
 10月13日 <1996(H8)年 登り1:45 下り1:15>
シャクナゲ岳を(大×) チセ沼と(大×) 山頂(大×)
 薄っすらと雪の降った跡だったが、林道だから状態は良いだろうと思って登って行くと、水浸しになる道だった。
コース 神仙沼休憩所 ダム保守道路 東口 湯本温泉

二人の山行記録もくじへ    シャクナゲ岳へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 東口コース
 2009(H21)年7月7日(火) 晴れ 登り1:21 下り57
 8:21除雪車旋回場→8:54錆びた道標(小湯沼分岐:廃道)→9:39旧山頂→9:42山頂10:0110:58除雪車旋回場
 1995(H7)年8月5日(土) 曇り、霧 登り1:00
 湯本コース
 2011(H23)年9月8日(木)  晴れ後曇り 登り1:59 下り1:25
 9:14駐車場→9:50リフト下→10:27分岐→11:13頂上11:44→12:13分岐→12:44リフト下→13:09駐車場
 1996(H8)年10月13日(日)  晴れ 登り1:45 下り1:15
 駐車場→30→リフト下→30→分岐→45→頂上→30→分岐→30→リフト下→15→駐車場