辨華別(benkebetsu)の碑
    馬頭観世音 開拓記念碑 百年記念碑
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 札幌からは当別町のふくろう街道(道道28号線)を北上したいたら、辨華別神社の境内の外れに、こちらを向いているような石碑があった。気になったので山の帰りに寄ってみた。
 国土地理院の地形図   周辺地図
辨華別神社
 馬頭観世音
馬頭観世音 石碑に近づく
 馬頭観音の碑に近づくと、双頭の馬の彫物が見える。一頭は鼻の所が欠け落ちているが、ほのぼのとする雰囲気が漂っている。
 開拓記念碑
 開拓記念碑は昭和初期に建立されたようだが、難解な漢字で埋め尽くされていた。
開拓記念碑
碑文
開拓記念碑

北地元伊達氏開拓經營地之一部也明治十五秊
五月福岡縣人柴藤善三郎氏志くに國体移住就伊達
氏切乞今譲辨華別伊達氏壮其志諒其情容其乞
柴藤氏感激誓成功直歸郷組織國体而十六年移
住者五十戸當時此地森蓊鬱蘆葦竿々殆不見
天日加以南方馴暖身入北地沍寒之境雖有伊
達氏及有志之援助經營之困難在意料答而諸氏
相共激勵伐木墾耕屡遇糧食之缺之不敢屈撓如
此三年事業就緒造一聚落之状辨華別部落之基
定矣爾木各縣諸氏亦遂年來住皆能和襄協同堅
忍持久致力開拓今也其業大進戸下図數百五十耕地
垂一千町歩居然成一大部落可謂盛会今時茲値開拓
五十年諸氏胥謀欲建碑記其頁顚末而傳諸干後昆
求余文乃探奮記叙其梗概云爾
   昭和七年九月       鮎田小隅撰
 開拓百年之碑
 開拓百年之碑は昭和の57年に建立されたので、普通に読める。開拓記念碑と百年碑が建立した年数は、50年の歳月が違うが、物凄い時の流れを感じる。
開拓百年之碑
碑文
辨華別開基百年碑 誌

是れ時昭和五十七年辨華別村邑開基百年の慶事を迎う。
この世紀の春秋は洵に苦澁に満ちた開拓の歴史である。
しかし父祖たちは不屈の開拓者精神をつらぬき、大いな
る理想や覇気を示し如何なる暗く貧しい時代もそれは
いささかも色褪せるものではなかった。
 春風秋雨幾星霜、世代を重ねて今や戸数百二十余戸
五百余町歩に及ぶ豊穣なる耕地を拓き、その生産基盤の
整備とともに農業近代化も着々と進捗し 新しい農村
文化を築きつつある。
 顧みるに当別川右岸に位置する辨華別村邑は筑前の
人柴藤善三郎の尽力により、福岡県団体移住民として
明治十六年一月二十八戸 同年八月二十二戸、併せて
五十戸百四十六名の入地をもって草創とする。
 惟うにこの地、往時は原生林蒼々として天日を覆い
熊笹人蓄を没し熊鹿また跋扈す。加えて沍寒の境、風雪
の中辛酸を舐め巨木に立ち向う。
 幾度か当別川の氾濫冷害凶作に遭遇するも草屋に伏
し雑穀を食し僅かに生命をつなぐ。苦難言語に絶すれ
どひるまず、父祖相扶け相励まし、開拓の成功を信じ
過酷なる労働に耐え希望の鐘を打ち鳴らす。
 今、靜かに草創に思いを寄する時、茫々たる百年の
彼方から鐘の音が響いてくる思いで心高ぶるのである。
 茲に開拓の礎となった父祖達の偉業を偲び、不朽に
讃え限りなき繁栄を第二世紀を生きる人々に嘱望する
ものである。
     昭和五十七年九月四日
 

散歩路記録もくじ5へ    次浦臼町の石碑群へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2010.7.2