浦臼町の石碑・石仏・モニュメント群
 動輪 <2010.7.31>
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
 浦臼の郷土資料館前にSLのモニュメントがある。近づいて見ると、札沼線を走っていたSLの動輪のモニュメントだった。傍には、新旧の由来書があり見比べる。
 次に、浦臼郷土資料館前に進み、浦臼観光案内図を見て、資料館に入ると、無料だったが撮影禁止だった。中には、アイヌのチャシや農機具等が展示されていた。開拓の生活を復元した蝋人形には驚かされる。
モニュメント 新しい由来書 古い由来書 浦臼観光案内
 澤田翁頌徳碑 <2010.7.31>  周辺地図
頌徳碑
 鶴沼公園の北口近くに、道路に面して建っている。大正14年5月10日建立した碑を昭和47年7月1日に改修したようだ。
 カタカナ交じりの碑文が裏に書かれている。
 賓塔者サハリン残留邦人各家先祖代々諸々聖霊追福菩提成 <2010.7.31> 周辺地図
石碑
 碑の上には凡字が刻まれている。上に8の字形、次に台形、その次ぎが丸い石が積み重ねられている。以前に小田城跡で見た墓にそっくりだった。浦臼町は樺太に渡った方々が多かったのだろうか。
 誓子歌碑 <2010.7.31>    周辺地図
歌碑 青木さん建立
 「夕焼けて 西の十萬億土 透く 誓子」と彫られた歌碑がある。その傍に石仏群が鎮座している。
ハナさん建立 田村・美馬、高橋さん建立 三浦・土金さん建立 ?
花山・儀惣さん建立 清原・折坂さん建立 野中さん他建立 鎌田・尾崎さん建立
 四国八十八か所の石仏 <2010.7.31>    周辺地図
1番-3三番
 歌碑の前には、四国八十八か所の石仏が並んでいた。最後まで見ると、どうも金剛寺の境内なのではと思う。
4番-6番 6番-8番 9番-11番 12番-13番
14番-15番 16番-17番 18番-20番 21番-23番
24番-26番 27番-29番 30番-32番 32番-33番
 羅臼神社 <2010.7.31>    周辺地図
記念碑 JRの線路が
 歌碑と道路を挟んで、羅臼神社が目に付いた。鳥居をくぐり境内に入ると「浦臼神社創祀九十周年之碑がある。
 碑の裏には由緒書が彫られ、昭和六十三年五月十日建立とある。
 境内を辿ると、JRの踏切が現れ、渡ると石段が神社の本殿まで続いているようだが、スズメバチが怖いので登るのを止める。

散歩路記録もくじ5へ    次浦臼町の沼群へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2010.7.31