青山の水松(見晴らしの松:標高130m地点)
=写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 札幌からは当別町のふくろう街道(道道28号線)を北上したいたら、厚田の分岐(道道11号線)に「見晴らしの松」の看板が設置されている。分岐からおよそ1.3km走ると道端に「見晴らしの松」の看板がある。
   周辺地図
道端の看板
老木の全景
 駐車場は無いので路駐するが、時折、大型ダンプが行き交う。ダム工事の作業車なのだろうか。
 法面の踏み跡のような道に入って行くと、奥に老木の全景が目に飛び込んで来る。新しい看板を見ると樹齢1300年(飛鳥時代生れ)とのこと、始め0が一つ多いのではと思ったが、見上げる大きさで納得する。北海道記念保護樹木に指定された昭和48年3月31日付けの古い看板も立っているが文字が掠れている。オンコの回りには柱が立てられていたお思われる束石が周囲に埋められていた。最後に、大きな幹をアメリカインディアンの風習にならい、ノックをして願いを唱える。
新しい看板 古い看板 回りの束石 大きな幹(大×)

散歩路記録もくじ5へ    次宮島沼へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2010.7.2