西岡焼山(261.7m)・四望台(210m)・トド山

 ポイント
 全てなだらかな林道を辿るが、初心者には楽しい滑りができる。
森林総合研究所コース

 アクセス
 国立研究開発法人森林総合研究所北海道支所の標本館(研究所のHPに載っている地図)前に駐車場がある。
  国土地理院地図 周辺地図
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=
 1月7日<2018(H30)年 往復距離6.817km ウロコ板スキー トレース有ラッセル無し 登り1:26 下り49>
 標本館前には既に4台駐車していて、満車なので、標本館側のスペースに停める。今日は、シールを付けないで出発する。標本館の林の中には既にトレースが付いていた。羊ケ丘林道に出て、暫しトレースを辿って行くと藻岩山が望める。ロータリの分岐から左に下って行き、四望台を目指す。防疫所の施設から右折するのが正解だったが、真っすぐ下ってしまう。
標本館の林を 藻岩山 ロータリの分岐から左 防疫所の施設
 間違いに気が付き、戻ると防疫所の施設前から札幌市街地が見えていた。牧草地と思われる雪原の奥にトド山が横たわり、その山を真っ二つに切るかのように林道が延びている。トド山の林を超えると、明るくなり四望台が見えて来る。以前、四望台には建物があったが、今は給水施設や観測装置が置かれているだけになっている。木々も大きくなり、四方はおろか一方も望めない。
札幌市街 トド山へ 四望台が 四望台
 四望台を後にして登って行くと、羊ケ丘林道分岐、焼山林道分岐と相次いで現れる。山頂に到着して、一息入れて下り始める。スキーらしく滑り降りられるのは山頂直下だけだ。帰りは、焼山林道と羊ケ丘林道のあいだにある分岐から左に入って見る。
羊ケ丘林道分岐 焼山林道分岐 山頂標識 分岐から左
 沢地形の道を下って行くと、中頃に山野草試験地の看板がある。最後に、トドマツの林に入り、抜けるとやまならし林道に突き当たる。出たところを確認するために振り返る。
林内 山野草試験地 林内 やまならし林道
 やまならし林道は羊ケ丘林道と交差する。交差点からは羊ケ丘林道を下る。再び、ロータリに出て標本館へと向かう。標本館は良く見ると涙を垂らしているロボットの顔の様にも見える。駐車場に戻ると一台も居なくなっていた。
羊ケ丘林道分岐 羊ケ丘林道 ロータリ 標本館

山行記録冬山2   次穴沢へ   アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2018(H30)年1月7日(日)晴れ 往復距離6.817km ウロコ板スキー トレース有ラッセル無し 登り1:26 下り49
 12:19標本館→12:34ロータリから左へ→12:39防疫所から右へ→
13:10四望台→13:36分岐→12:39羊ケ丘林道分岐→13:45山頂13:49→13:51羊ケ丘林道分岐→13:54分岐左へ→14:01分岐直進→14:16やまならし林道突き当り右へ→14:20羊ケ丘林道十字路左へ→14:24配水池→14:27ロータリ→14:38標本館