有珠山ロープウェイ 火口展望台(573m) 

 ポイント
 有珠山ロープウェイに乗ると、洞爺湖や昭和新山が眼下に眺められる。火口原展望台までゴムで舗装された道を少し登と、荒々しい有珠山や火口原が見られ登山気分にさせてくれる(遊歩道は外輪山に延びていて、外輪山展望台まで行ける)。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 洞爺湖湖畔の道道2号線(洞爺湖登別線)から道道703号線に入り昭和新山を目指すと、1日410円の有料駐車場がある(ロープウェイに近いのは奥の駐車場)。
 昭和新山の前に停め、歩いて奥のロープウェイに行く。
  国土地理院の地形図 周辺地図
駐車場 昭和新山
 ロープウェイの駅舎に入り、ロープウェイに乗り込む。山麓駅から5分位で山頂駅に着き、山頂駅傍の洞爺湖展望台から昭和新山を眺める。
山頂駅へ 山頂駅 洞爺湖展望台 昭和新山
 山頂駅から火口原展望台(573m)まで、ゴムで舗装された道が続くので、子供が転んでも怪我はしないのでありがたい。右手に所々から噴煙の上がっている大有珠の岩搭を見ながら歩く。振り向くと山頂駅が遠くに見え、火口原展望台が近づいた感じがする。
火口原展望台へ 岩塔 山頂駅を 火口原展望台へ
 道端にはミヤコグサが咲いていた。火口原展望台が近くなるころ、後を振り返ると昭和新山が見えるようになる。火口原展望台(573m)に着き、噴煙の上がる火口を眺める。
ミヤコグサ(大×) 昭和新山が 火口原展望台 火口原
 室蘭方向は厚い雲で覆われて見通しが悪かった。改めて荒々しい岩塔のある有珠山や前立山を見上げ、看板の所で記念写真を撮す。
室蘭方向 有珠山 前立山 火口原展望台(大×)
 火口原展望台から花を見ながら引き返す。
引き返す エゾワサビ(大×) ヤマハハコ(大×) エゾシモツケ(大×)
 山頂駅から再びゴンドラに乗り込み、洞爺湖、昭和新山を眺めながら下って行く。帰りに、熊牧場に立ち寄る。
山頂駅 洞爺湖 昭和新山 熊牧場
=熊を考える=
 孫に熊を見せてやりに、熊牧場へ入る。始めに、コンクリートの上で長い爪を持て余し気味に餌をねだる熊に出会って、可愛そうと思った。糞も野生のに比べるとベタベタしているようで何か変だ。熊を目の前にして改めて、山中で出合った熊と戦うためには相当の覚悟がいると思った。

散歩路もくじ3へ   次壮瞥公園へ  北の探歩訪へ

 二人の散歩記録
 
2002年9月3日(月) 曇り
 12:15山麓駅→12:20山頂駅→14:41火口展望台→12:54山頂駅13:00→13:05山麓駅