盤ノ沢山(459m峰、495m峰) =札幌豊滝市民の森=
コース 西口 東口 盤龍山信行院(未踏)

 ポイント
 盤ノ沢山は板を立てたような山容をしている。豊滝市民の森は盤ノ沢山の北側の山裾に展開している。
 入口は東と西に2つあり、広い駐車場も完備している。良く整備された散策路が延びていて、分岐地点には番号の付いた分かりやすい案内板がある。西口近くからは盤龍山信行院への砂利道があり、良質な水が出るようで水汲みの車で賑わっている。
 道路情報館(水洗トイレあり)から盤ノ沢山が良く見える。
盤ノ沢山

 アクセス
 札幌から豊滝に入り、道路情報館の信号を左折する。舗装道路に沿い、左カーブするところがあるが、道なりに突き当たりまで行く。突き当りの未舗装道路を真っ直ぐ進むと一つ目の東口となる。突き当たりを右に行くと、左手に豊滝市民の森と駐車場の看板があり二つ目の西口となる。盤龍山信行院からも最短で登れるが、達成感は無いのではと思う。
 国土地理院の地形図 周辺地図
総合案内板
東口コース
 10月15日 <2015(H27)年 総歩行距離4.233km 一周2:55> GPSトラックは山の地図帳「2015.10.15」へ
 豊滝市民の森の東口に辿り着くと、先行者の車が一台停まっていた。駐車場には総合案内板はあるがリーフレットは無かった。案内板を見て入り口へと向かう。中ノ沢川の右岸沿いの道を辿って行くとJ番の案内板が出て来る。
烏帽子・神威 駐車場 入口 J番
 小さな中ノ沢川の右岸沿いをJ番からI番へと辿りと、小さな沢の渡渉もある。途中ハイカーを安心させるためか散策路の看板も設置されている。時折、木立の隙間から烏帽子岳と神威岳が覗く。
中ノ沢川 小沢 道標 烏帽子・神威
 何も書かれていない看板があるが、I番に間違いない。I盤から盤の沢川の支流になる小さな沢を渡り、A番を目指す。A番に辿り着くと、砂利道になり自動車が走っていた。
I番 小沢 A番 砂利道を
 砂利道を登りB番を目指すと、B番の付近には数台の自動車が駐車していた。盤龍山信行院も建っていて、その前には水汲みのプレハブ小屋が2棟あり、盛んにポリタンクに汲んでいた。奥には石仏や祠もある。B番から、再び、盤の沢川の支流になる小さな沢を渡りG番を目指す。
B番 地蔵さん 盤龍山信行院 小沢
 G番に上がると、C番方向から遊歩道を歩くにしては重装備の若者2人に出会う。若者に先に行ってもらい、われわれは紅葉に染まりながらゆっくりとH番を目指す。
G番 紅葉 H番
 H番は山頂直下で、直ぐに、495mのピークになるF番に到着する。記念写真を写し、尾根伝いにD番を目指し下って行く。途中、E番を通過し奥へと辿ると角材の階段になる。
F番 紅葉 E番 木段
 登り切ると、森で一番高い495mのD番になる。D番から引き返しE番に向かおうとすると、足元にコンクリートと思われる平らな石が埋まっていた。E番からL番へと下って行くとピラミダルな百松沢山南峰が見えて来る。
D番 コンクリート? E番からL番へ 百松沢山南峰
 L番ではD番からの道に合流し、Uターンする格好でK番を目指す。途中の紅葉はモミジの赤色が混ざり奇麗だった。K番からF番へと登り返し、再び、459mのピークを踏む。F番からは、一旦、H番に下りる。
LからKへ 紅葉 KからFへ FからHへ
 H番K番経由でJ番に下ろうか迷ったが、I番に下ることにした。途中の送電線下から、烏帽子岳、神威岳、札幌岳、山田峰が見る。
HからIへ 烏帽子岳・神威岳 札幌岳 山田峰
 再び、I番に戻り、中ノ沢川の右岸沿いをJ番へと向かう。ゲートの横の入り口に出ると、出発の時に目に付かなかった紅葉がきれいだった。駐車場の前では、稲刈りが終わり稲架掛けの風景が広がっていた。
J番 ゲートの横から 紅葉 稲架掛け

二人の山行記録もくじ2へ    次真簾峠へ    アソビホロケール山へ

 二人の山行記録 (遊びの時間含む)
 2015(H27)年10月15日(木) 晴れ 総歩行距離4.233km 一周2:55
 9:33駐車場→9:39J→9:48I→9:50A→9:56B盤龍山信行院→9:58G→10:10H→10:11F(495m峰)→10:15E→10:23D(459m峰)→10:33E→10:44L→10:54K→
10:59F(495m峰)→11:14J→12:28駐車場