達布山(143.7m)             

 ポイント
 遊歩道でも車でも山頂に到達できる。山頂の展望台からは大パノラマが見られる。
=風景写真をクリックすると大きなサイズになります=

 アクセス
 三笠市の西外れで、高速道路の東側の道道116号線から北へ入る。公園入口と山頂には駐車場がある。
 国土地理院の地形図  周辺地図
   
公園の入口 案内板
 公園の入口には「蜂に注意」と書かれていたので、車で山頂まで上がる。駐車場の端には遊歩道があり、覗いてみる。踵を返して階段を上がって行くと石碑があり、その傍に、読み方が書かれていた。
   漢 詩 碑
  在眼天塩石狩洲
  長川一帯入空流
  可無禦侮張権策
  駐馬太布山上秋

  明治15年9月
    内務卿  山田顕義(あきよし) 
 眼(め)にあり天塩石狩の洲(しま)
 長川(ちょうせん)一帯空(いったいくう)に入って流る
 侮(あなどり)を禦ぐ張権(ちょうけん)の策なかるべけんや
 馬を駐(とど)む太布山上(たっぷさんじょう)の秋 

       平成二年七月建立
   石碑は小野道海氏の書です
展望台 遊歩道 漢詩碑 漢詩碑の解説
 漢詩の読み方の方を見て、内容を理解しないまま、奥へ進むと四阿(しあ:東屋)が見えて来た。
  達 布 山(たっぷやま)
  三笠市指定文化財
  昭和45年11月17日指定
 達布はアイヌ語でタプ・コプといい、頂上のまるい峰のことをいう。達布山は標高143.8メートル。
 明治開拓期には、頂上にあずま屋、休憩所、屋根が傘のような構造でクルクル回る風車仕組みの回旋塔などを設けて道央の開拓のようすや石狩平野を見わたす展望地であった。
 明治16年(1883年)この山頂と月形の丸山(円山の間違い)とで火を焚いて、月形との位置を測定、樺戸街道が開削された。
 明治20年、達布山裾から峰延に通ずる道路をつくり、山間の深い二つの沢に義経橋と弁慶橋をかけ達布山の景観とともに名所の一つになった。
 明治中頃までにこの山を訪れた要人には、西郷從道(つぐみち)・山田顕義(あきよし)、山県有朋(やまがたありとも)・井上毅(こわし)・榎本武揚(えのもとたけあき)・桂太郎・永山武四郎・板垣退助など数はお多い。

 三笠歴史街道の図

三笠市開庁120年記念事業 平成13年9月建立
 近づくと、東屋の前にタイルで囲われた立派な三角点が鎮座していた。
 その傍に、三角点の由緒書きまである。
 
 達布山三角点
 三角測量の基準となる点で一等から四等まであり、建設省国土地理院によって日本全領土内に設置されており、それを結んでいくと全国を覆う三角網となる。
 この三角点は二等で、永久的な基準点として明治四十四年十一月六日に設置されているが、達布山は古くから道央・石狩平野が一望できることから、北海道開拓の基本となる測量の原点とされ、明治十六年六月に月形の円山と結び、「達布山山頂に火をたき、樺戸の位置を定めた。」と記されている。
                       三笠市教育委員会
             達布山三角点
               峰延町 
           寄贈 前川米一
達布山の由緒書き 四阿 立派な三角点 三角点の由緒書き
 三角点の由緒書きを見て、改めて、青いタイルで囲われた三角点を見ると、方位も描かれていた。この三角点とコンクリートの道で繋がれている展望台へと足を運ぶ。中は螺旋階段なので、相棒は地上で待っていると言う。私一人で上って行くと、隙間から三角点の傍にいる相棒が見えた。
タイルで囲われた点 展望台入口 展望台を見上げる 展望台の隙間から(大×)
 展望台の上に着くと、鳥瞰図があり、晴れていれば山座同定をして楽しめるところだが、今日は、所々ガスがかかっている。雲の薄い所は、芦別岳と夫婦岩、音江山が見えていた。
夫婦岩と芦別岳 音江山

散歩路記録もくじ6へ    次不老の滝へ   北の探歩訪へ

二人の山行記録もくじ6へ  次美唄山・芦奈江岳・奈井江槍へ  アソビホロケール山へ

 二人の山行記録
 2007(H19)年9月18日(火) 晴れ