多摩動物公園

 アクセス
  多摩動物公園駅に降り立つと、京王線の電車は既に動物園状態だった。駅舎から出て、程久保川を渡るとモノレールの駅もある。
 国土地理院の地形図 周辺地図
=写真をクリックすると大きなサイズになります=
京王線の電車 公園 モノレール 正面ゲートを振り返る
 多摩動物公園の生い立ち碑
石碑 碑文
 多摩動物公園のゲートを抜けると、直ぐ、右側に忘れられたような石碑が、草の中に鎮座していた。
 殆どの人には無縁の存在のようだった。碑文も右側が掠れていて読めないところもある。

             多摩動物公園の生い立ち

 こゝ多摩丘陵は、眼下に多摩の清流を、また遠くに武蔵野を望●
景勝地として都民に親しまれてきました。本都は永い間●●
による動物園の造成を計画していましたが、たまたま京王帝都電鉄
および地元の七尾村(今の日野市)から土地約28万平方メートル
をはじめ、多くの動物ならびに動物舎の寄贈の申し出があった
ので、これらの寄付をうけ昭和33年(1958年)●周●●
もの日に開園しました。
 都市公園制定90周年および京王線開通50周年に際して
碑を建てました。
             昭和38年11月11日 東京都
 動物感謝の碑
石碑
 広場の奥に、変わった形の石碑があり、近づいて見ると上に紋のようなライオンの顔が描かれ、その下に「どうぶつさん/おもいでを/ありがとう」と刻まれていた。
 碑には玉も添えられていた。
 マンホールの蓋
マンホールの蓋
 キリン、コアラ、トラが彫られた「たまどうぶつこうえんおすい」と刻まれたマンホールの蓋があった。
 展望台
 動物公園の最高地点にあるコアラ広場には展望台があり、高尾側が見える。あいにく、曇っていて展望は、展望案内板のように霞んでいた。広場の真ん中には三角点:南平170.9mが鎮座していた。
コアラの広場 展望 展望案内 三角点

散歩路もくじ8へ   次靖国神社へ   北の探歩訪へ

 二人の散歩路記録
 2013.5.19